パク・ジフン、初の単独誕生日ファンミーティング成功裏に終える

写真:マル企画

歌手パク・ジフンが20回目の誕生日をファンと共にした。

パク・ジフンは26日、ソウル高麗(コリョ)大学化汀(ファジョン)体育館で開催された自身初の単独誕生日ファンミーティング「May I Love you?」を成功裏に終えた。

誕生日ケーキの登場と共に、ファンが愛を込めて歌うパク・ジフンのバースデーソングで本格的なファンミーティングのスタートを切った。
パク・ジフンは、「トルチャビ」のコーナーで冠を掴んだ。
そのため、成人となり初の演技に挑戦するJTBCの月・火ドラマ「コッパダン:朝鮮縁談工作所」の大ヒットを予感させファンを沸かせた。

※「トルチャビ」とは、1歳の誕生日パーティである「トルジャンチ」で主人公である1歳になった子供の前に供えた御膳に置いた複数の物の中から、その子が何を手に掴むかで将来を占うイベント。「トルジャンチ」のハイライトでもある。

>> 韓国語で「ビュッフェ」は何という?韓国人なら誰もが経験する돌잔치(トルジャンチ)について知ろう!

2番目のコーナー「MAY ネッコヘラ」ではパク・ジフンの隠された過去写真が大放出された。
さらにファンのために、ナ・テジュンの詩「贈り物」を朗読し、感動を与えた。パク・ジェボムの「Me like Yuh」に合わせて爽やかな舞台を披露したパク・ジフンは、次のアルバムまでをも期待させた。

同じ所属事務所の歌手ノ・ラジョのゲスト出演も大きな注目を集めた。
パク・ジフンは、ノ・ラジョのヒット曲「サイダー」で共演し、ファンを大いに笑わせた。続いてノ・ラジョは「スーパーマン」の舞台でパク・ジフンの誕生日を一緒に楽しんだ。

配送料と前売り手数料のみをファンの自己負担とした「無料公演」として大きな注目を集めたパク・ジフンの今回の誕生日ファンミーティングは、ファンの愛情に応えようと努力するパク・ジフンの温かい気持ちが伝わる公演となり、ファンを感動させた。

パク・ジフンは、今年9月から韓国で放送がスタートするJTBCの月・火ドラマ「コッパダン:朝鮮縁談工作所」に出演することが決まっている。

日本での初ソロファンミーティング




ページ上部へ戻る