イ・ミンホ、ファンクラブと全羅北道鎭安児童センターに収益金寄付!

写真:MYMエンターテインメント

俳優イ・ミンホの寄付プラットホーム「PROMIZ」が、全羅北道 鎮安郡(チョルラブクド・チナングン)の穀物を販売して得た収益の全額を地域児童センターに寄付した。

23日、イ・ミンホの所属事務所であるMYMエンターテインメントによると、穀物販売収益金は鎮安郡管内12の地域児童センターの337人の児童を対象に実施した「願いの手紙」行事に使用され、55人の児童が、子どもの日の記念プレゼントを受け取った。

これに加え、今年創立10周年を迎えたイ・ミンホのファンクラブ「MINOZ」も、米1.5トンとキムチ300キロも鎮安郡にある12の地域児童センターに寄付された。

「PROMIZ」は、2014年イ・ミンホがファンと共に作った寄付プラットフォームだ。
最近、低所得層の欠食児童のための「ジェムジェムボックス」をローンチングし、昨年5月「善良なブランド大賞」を3回連続受賞した。

先月、社会服務要員から招集解除されたイ・ミンホは、キム・ウンスク作家の新作「ザ・キング:永遠の君主」の主人公にキャスティングされドラマに大きな期待が集まっている。




ページ上部へ戻る