カム・ウソン&キム・ハヌル主演のJTBC新ドラマ「風が吹く」、乙女心のトキメキを誘う

写真:JTBC「風が吹く」

JTBCドラマ「風が吹く」で俳優カム・ウソンと女優キム・ハヌルが描くロマンチックストーリーがベールを脱いだ。

JTBCの新しい月・火ドラマ「風が吹く」制作関係者は、23日、最初のティーザー映像を公開した。
同ドラマは、別れた後に再び恋に落ちた二人の男女が、昨日の記憶と明日の愛を守りぬくロマンスを描く。

「恋愛時代」「先にキスからしましょうか」などラブロマンスの秀作を残してきたカム・ウソン、そして、ときめきを誘うラブコメディーから胸を打つラブロマンスまで数々の作品を演じてきたキム・ハヌルが共演する。

公開されたティーザー映像では、カム・ウソンとキム・ハヌルはロマンチックなシーンが描かれている。美しい海を背景にタキシードを着たカム・ウソンと、純白のウェディングドレスを着たキム・ハヌルの幸せなひとときが視線を集めた。

いきなり割り込んだ迷惑カップルの妨害にも臆することなく、お互いに交わす甘い笑みがときめきを感じさせている。別れの果てに再び恋に落ちる特別なロマンスが、どのような物語を描いていくのか、関心を誘う。

カム・ウソンは、一人の女性と二度の恋に陥る男性ドフン役を演じる。
突然の試練の中で、初恋であり妻のキム・ハヌル(スジン)だけは守りたい男という設定だ。カム・ウソンならではの繊細な演技で複雑な内面を綿密に描き出すことになる。

キム・ハヌルが演じるスジンは、別れの末に再び愛と向き合う人物だ。人生の全てだったカム・ウソンとの結婚が危機に瀕すると、予想外の選択をするようになる。キム・ハヌルの変身にも期待が集まる。

ドラマ「風が吹く」は「ウラチャチャワイキキ2」の後番組で、5月27日午後9時30分からJTBCで放送がスタートする予定となっている。

ページ上部へ戻る