「みにくいうちの子」シン・エラ、娘からの感動ストーリーを公開し話題!「養子にしてくれてありがとう」

写真:SBS「みにくいうちの子」

「みにくいうちの子」で女優シン・エラが、養子として迎えた娘たちの感動ストーリーを公開し大きな話題となった。

13日に放送されたSBS「みにくいうちの子」にスペシャルMCとして女優シン・エラが出演して、トークを繰り広げた。

この日シン・エラは、養子縁組を公開して迎えた2人の娘について、「どうせ隠すこともできない」とし、「赤ちゃんの時から娘の言葉が分からない時も娘を送ってくださってありがとうございますと祈った」と話し始めた。続いて「養子縁組の話、生んでくれた母親の話、養子縁組がどのように美しいのか、そして養子縁組のためにどれだけ私が幸せかについて詰め込み教育を受けたので、子供たちは何ともないと言っている」とした。

これに対してMCシン・ドンヨプは、「養子縁組は、公開で行うことで子供も健康で、親も健康で、社会も健康になる」と共感した。

シン・エラは、「この前、娘から手紙をもらったが、私も思い出せないが、『今日は特別な日だ。14年前、私たちの家に初めて来た日』と手紙を書いてくれた。それ読んで、私がわあわあ泣いた」と打ち明けた。続いてシン・エラは、「娘が『お母さん、私を養子縁組してくれてとてもありがとう。時にはママから生まれても良かったと思うけど、今は関係ない』という内容を書い。とても涙が出た。また『お母さんを一番愛していて、お母さんが私の母で良くて、私たちの家族に養子になってとても良い。私が養子になれなかったら、どこでどのように大きくなっているか分からない。これは奇跡だ」と書いてくれた。子供の前で泣いた。そんなことがとても感動だった」と話し、スタジオの出演者たちも感動で涙を流した。

夫で俳優のチャ・インピョとシン・エラは、過去に2人の娘イェジン、イェウンちゃんを養子に迎えた。




ページ上部へ戻る
error: 右クリックはできません