MAMAMOO、「2018 MAMA」ファサのセクシー衣装が話題に…「曲の雰囲気と合わせて衣装を選んだ」

ガールズグループMAMAMOO(ママム)が「2018 MAMA」でファサが華やかの赤の破格的な衣装で話題を集めたことについて、曲の雰囲気と合わせて衣装を選んだと発表した。

MAMAMOO(ママム)は、12日、さいたまスーパーアリーナで開かれた「2018 MAMA FANS’CHOICE in JAPAN」で個人ステージと団体ステージを飾った。

この日、ファサは、ラッパーLoco(ロコ)とコラボした「Don’t Give It To Me 」で登場し、派手なパフォーマンスを披露した。

特に関心を集め話題となったのが、赤い色の衣装。
華やかでセクシーな強烈な衣装とカリスマ。ファアは、最初の登場から視線で圧倒し、さらに素晴らしい歌唱力などでそのパフォーマンスは、まるでビヨンセを連想させた。

しかし「2018 MAMA」が放送された後、韓国での反応は分かれた。
一部のネットユーザーは、華やかの衣装とパフォーマンスについて「堂々としてカッコいい」、「ファサだからカッコいい」といった反応をしたが、別のネットユーザーは、「衣装が少しきまり悪い」「セクシーすぎる」と指摘した。

ネット上でちょっとした騒動になり、MAMAMOO(ママム)の関係者は、13日、「衣装がこんなに話題になるとは思わなかった。いつものように舞台で歌った曲の雰囲気にあう、衣装を選んだ」とコメントした。

MAMAMOO(ママム)は、この日開かれた「2018 MAMA」で「WORLDWIDE FANS’ CHOICE TOP10」と「FAVORITE VOCAL ARTIST」など2冠に輝いた。

後日、番組出演で衣装について語るファサ




ページ上部へ戻る