IU&イ・ジュンギ出演「知ってるお兄さん」、ターゲット視聴率が同時間帯1位&自己最高を記録!!

写真:JTBC「知ってるお兄さん」

IU&イ・ジュンギ出演した「知ってるお兄さん」のターゲット視聴率が同時間帯1位となった。

ニールセン・コリアの発表によると、27日に韓国で放送されたJTBCの「知ってるお兄さん」151回のターゲット視聴率は4.9%で自己最高記録を更新した。ターゲット視聴率は、2049世代(20歳~49歳)を対象に集計した数値でこの日の地上波と非地上波を合わせた同時間帯の番組の中でも1位を記録した。首都圏基準の有料世帯視聴率も6.7%を記録し、先週の放送分に続き好調を見せた。

この日の番組では、歌手IU(アイユー)と俳優イ・ジュンギが先週に引き続き「一日転校生」として様々なトークやダンスなどを披露した。 IU(アイユー)は、新曲「BBIBBI」のダンスをテレビ初公開し、その後イ・ジュンギもIU(アイユー)の振り付けを完全コピーして再現してみせた。
「秋の歌」というテーマでは、IU(アイユー)ならではの音色で「Forgotten Season」、「いくら考えても僕は君を」などを歌って感性あふれる舞台を披露した。また自身の所属事務所との契約時のエピソードについても語り注目を集めた。

イ・ジュンギも俳優として経験した様々なエピソードを紹介した。SMエンターテインメントのオーデイションに落ちた話や、ジャンル物に対してマンネリに陥っていた時期、アドバイスをもらった先輩俳優チェ・ミンスとの会話(※「無法弁護士」で共演)、MBCドラマ「Two Weeks」で代役なしの撮影の際、水中で溺れかけてアクションに欲を出しすぎて無理をしてはいけないと感じたエピソードなどを語り注目を集めた。

また、レギュラー出演者が、今までは役柄上、冷たい役や暗い役が多かったため、クールなイメージが持たれてきたイ・ジュンギだが、今回の番組を通じて明るくお茶目な魅力やダンス・歌の実力など、新しい魅力が感じられると語ると、IU(アイユー)はイ・ジュンギの本来の魅力を表に出したかったという意図を明かした上で、「私が連れてきました」と誇らしげなポーズを取り、笑いを誘った。

JTBCの「知ってるお兄さん」は、毎週土曜日の夜9時に韓国で放送されている。来週放送の152回にはTWICEが出演する予定だ。




この記事もよく読まれています

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!





韓国ドラマVODランキング
ページ上部へ戻る