“ギャンブル詐欺容疑”S.E.S.元メンバーShoo、自宅担保に3億4500万ウォンの融資を受ける!

写真:Shoo(シュー)のSNS

詐欺の疑いで訴えられたS.E.S.(エス・イー・エス)のメンバー、Shoo(シュー)が自宅を担保に融資を受けた。

31日、韓国メディアは、「Shoo(シュー)が訴訟及び、負債返済を解決するために努力中」とし、「家族と住んでいる京畿道(キョンギド)龍仁(ヨンイン)の自宅を担保に3億4,500万ウォンの融資を受けたことが確認された」と報道した。

これより前にShoo(シュー)は、ギャンブルの資金を借りたが、お金を返さない詐欺の疑いで訴えられた。
ソウル東部地検刑事2部によるとShoo(シュー)は、6月にソウル・パラダイスウォーカーヒルのカジノで知人2人から賭け資金として、それぞれ3億5000万ウォンと2億5000万ウォンを借りた後、返済していない疑いで訴えられた。

Shoo(シュー)の法律代理人は、「専門用語で『作業をした』というのがある。原告がShoo(シュー)氏に賭け資金を貸しギャンブルをするようにした。Shoo(シュー)氏が賭博をしたのは、すべて原告と関連していたものだ。原告が積極的にお金を貸しながら複数箇所(場所)を周りながら、雪だるまのように借金が増えた」とし、「現在の(夫と)共同名義の財産で弁護士費用を出して、借金を返済しようとする意志がある」とコメントした。

また「結局、6億ウォンの借金を負うことになった。現在、(詐欺)容疑については、(真偽を)争う部分が多い。この過程で生じた債務が、民事上に正当な債務のかは、さらに考えなければならない」と述べた。

一方原告側は、「弁済期が過ぎたのに返済されていない。該当のカジノは合法的に運営されているカジノで、『作業をした』わけではない」と主張している。




ページ上部へ戻る
error: 右クリックはできません