BEAST前メンバー4人、大学の特例疑惑報道にHighlight(ハイライト)の所属事務所側公式の立場示す

前BEAST(ビースト)のメンバー、ユン・ドジュン、ヨン・ジュンヒョン、イ・ギグァン、チャン・ヒョンスンに大学特例疑惑が報じられた。このうち現在ユン・ドジュン、ヨン・ジュンヒョン、イ・ギグァンが所属するグループHighlight(ハイライト)の所属事務所が特例疑惑に反論する立場を明らかにした。

12日に韓国で放送されたSBS「ニュース8」によると、2010年、BEAST(ビースト)のユン・ドゥジュン、イ・ギグァン、ヨン・ジュンヒョン、チャン・ヒョンスンは、トンシン大学に同時に進学し、授業に出席していなかったにも関わらず、全額奨学金を受けて卒業した。

「ニュース8」は、該当の大学について「数日前、議員、公務員に各種便宜をはかった疑惑がある大学」であるとした上で「忙しいスケジュールで出席することは容易ではなかったであろうが大学側は4人に奨学金まで与え卒業させた」と報道した。

そして、入手した2011年の管理学生名簿資料を公開した。この名簿にはBEAST(ビースト)メンバー4人の名前の横に「X」が書かれていた。トンシン大学の元従業員の話によると、X字の表示は、授業を受けることができない学生を意味するという。

4人が入学した時期は、2010年。2009年にBEAST(ビースト)として活動が忙しくなり始めた時期の後だ。トンシン大学は、ソウルから車で約4時間離れた場所にあり、ハードなスケジュールでソウルにある大学に在学したとしても出席日数を満たすことは難しい。他の芸能人も中退や入学を諦めることが多い。
しかし4人は、韓国内外を行き来するなどの忙しいスケジュールをこなしながら卒業した。

この放送後、当時のBEAST(ビースト)の所属事務所で現在、チャン・ヒョンスンが所属しているCUBEエンターテイメントは、「事実関係を確認の上、最善の努力を尽くしている」との立場を明らかにした。それとともに当時、勤務した従業員がすべて退社している状態として「過去BEAST(ビースト)を担当していた従業員を探して、正確な状況の把握に努めている」と説明した。

一方、Highlight(ハイライト)の所属事務所であるAround USエンターテイメント側は、公式報道資料を通じて、「ユン・ドジュン、ヨン・ジュンヒョン、イ・ギグァンは、2010年にトンシン大学校に同時に入学し、卒業をしたのは事実だが、多くの方が懸念されるように入学の過程で不正や学校生活を全くしていなかったというのは、事実ではない」との立場を明らかにしている。




ページ上部へ戻る