子役出身の女優イ・ジョンフ、ガン闘病中に30代という若さで死去

写真:映画「口笛を吹く女」

子役出身の女優イ・ジョンフさんが最近亡くなった。

13日、韓国メディアは一斉に「女優イ・ジョンフがガンで闘病していたが亡くなった。家族と知人により、12日に出棺式まで終えた」と報道した。

イ・ジョンフさんは、3年前に結婚、芸能活動はあまり行っておらず、家庭を中心に生活していた。ガンを発症した後は科学治療を行うなど厳しい闘病生活を送っていたという。

30代前半という若い年齢であるにもかかわらず、病気でこの世を去ってしまったことが人々をより悲しませている。
イ・ジョンフさんは、子役として芸能界デビュー後、着実に女優の道を歩んでいた。

1990年にMBCドラマ「女は何で生きるのか」でデビューしたイ・ジョンフさんは、映画「口笛を吹く女」、KBSドラマ「星の王子様」、KBSドラマ「太祖王建」、SBSドラマ「チャンヒビン」、KBSドラマ「グッバイソロ」などに出演、はっきりとした目鼻立ちと清純な魅力で人々の記憶に残った。

イ・ジョンフさんの訃報に韓国のネットユーザーも、「30代前半なのに..切ない」、「良い女優として記憶に残る」、「安らかに眠ってください」など、驚きと悲しみ、そして故人を哀悼するコメントを多数残している。




ページ上部へ戻る