イ・ミンジョン、日本の小説「椿山課長の7日間」を原作にしたドラマで2年ぶりのドラマ復帰なるか?

イ・ミンジョンの写真
女優イ・ミンジョンがドラマ復帰を検討していることが伝えられ関心を集めている。

今月9日、イ・ミンジョンの関係者はマスコミに対し、「イ・ミンジョンがSBSの水・木ドラマ『さようなら、私の大切な人』の台本を受け取り、現在前向きに検討中だ」とコメントした。

イ・ミンジョンの出演が決まれば、2014年のMBCドラマ「ずる賢いバツイチの恋」以来、実に2年ぶりの韓国ドラマ復帰となる。実現すれば、結婚と出産を経ての復帰作であるだけに、芸能関係者はもちろん、ファンからも高い関心が集まっている。

同ドラマは、映画「シングルス」、「英語完全征服」、「カンナさん大成功です!」、「男子使用説明書」等を脚本したノ・ヘヨンがシナリオを、演出は「屋根部屋のプリンス」、「ブス注意報」のシン・ユンソププロデューサーが担当する。

イ・ミンジョン以外には、カン・ソラ、RAIN(ピ)、キム・スロなどが出演を検討していると伝えられている。
「さようなら、私の大切な人」は、日本の小説「椿山課長の7日間」を原作にしたドラマで、9日からスタートするドラマ「リメンバー-息子の戦争」の後続枠で、来年2月から韓国で放送される予定だ。

関連記事

この記事へのコメント💬

  • 感想・推し愛コメントをどうぞ

  • コメント (0)

  1. ↓ この記事最初のコメントを書く

CAPTCHA