「村-アチアラの秘密」の写真SBSの新しい水・木ドラマ「村-アチアラの秘密」の台本読み合わせ現場が公開された。

今月4日、タニョンSBS製作センターにてSBSの新しい水・木ドラマ「村-アチアラの秘密」の台本読み合わせが行われ、ムン・グニョン、BTOB(ビートゥビー)のソンジェ、オン・ジュワン、チャン・ヒジン、シン・ウンギョン、キム・ヨンリム、チョン・ソンモ、キム・ミンジェ、ジャン・ソヨン、チェ・ジェウン、リュ・テホ、パク・ウンソク、アン・ソヒョンなど約20人のドラマ出演者とイ・ヨンソク監督、ト・ヒョンジョン作家が参加した。

「しっかりとしたミステリーを作る」と宣言したイ・ヨンソク監督の気合の入った一言で始まった台本練習。予定時刻より早めに現場に到着し、あらかじめ挨拶を交わしてセリフ合わせをしていた出演者は各自が演じるキャラに完全に入り込み、リアルな演技を続けた。

静かな村アチアラで謎の死体が発見され、事件の中心で真実を追跡していくハン・ソユン役のムン・グニョンは、演じる役柄の特徴をしっかりと正確に把握し、非の打ちどころのない演技を見せた。休憩時間には、ト・ヒョンジョン作家の隣に座り、台本の中で疑問を抱いた点について尋ねるなど、入念にチェックする様子を見せた。

ムン・グニョンと一緒に村の人々の秘密を暴くアーチアラ交番の警察官パク・ユジェ役を演じるBTOB(ビートゥビー)のソンジェもまた、ドラマに活力を吹き込む役柄として安定した演技を見せ、先輩俳優の賞賛を浴びた。

SBSの関係者は、「出演者すべてが、作品の魅力にハマっている。完璧なドラマを作るために台本読み合わせが終わった後も監督、作家に質問をして熱意を見せた。長い期間​​、念入りに準備した作品だけに台本がしっかりしている。ハッキリした人間関係と所々に隠された伏線により、非常に面白いドラマが誕生するのではないかと期待している」とコメントした。

「村-アチアラの秘密」は、長い間埋葬された死体が発見され、平和が壊れる中、死体の真相追求と共に平凡ではない村の秘密に追っていくドラマ。「ケ・セラ・セラ」、「愛もお金になりますか」などを執筆したト・ヒョンジョン作家と「一枝梅(イルジメ)」、「妻が帰ってきた~復讐と裏切りの果てに~」、「大風水」などの演出を引き受けたイ・ヨンソク監督がタッグを組むことからも、一層の期待を集めている。現在放送中の「ヨンパリ」の後続枠で放送される予定だ。

ページ上部へ戻る