映画「暗殺」、公開初日47万人を動員でオープニングスコアは「10人の泥棒たち」越え!

「暗殺」の写真「10人の泥棒たち」のチェ・ドンフン監督が手掛けた話題の映画「暗殺」が爆発的な人気を集めている。

23日、映画館入場券統合ネットワークによると映画「暗殺」は、公開当日の22日、47万7,601人の観客を動員し、1日のボックスオフィス1位になった。

「暗殺」は、1,000万人の観客を集めた「10人の泥棒たち」のチェ・ドンフン監督が演出を務め、チョン・ジヒョン、ハ・ジョンウ、イ・ジョンジェ、オ・ダルス、チョ・ジヌンなど最高の俳優陣が出演することで、公開前から注目を集めていた。「暗殺」のオープニングスコアは、チェ・ドンフン監督の前作である「10人の泥棒たち」の43万6,596人を超える動員数で、これは今年公開された韓国映画の中でもトップだ。

映画「暗殺」は、1933年に京城(現在のソウル)を舞台に、親日派の暗殺作戦をめぐる独立軍、臨時政府、それらを追う殺し屋の交錯した選択と予測することができない運命を描いている。

同日のボックスオフィス順位は、「暗殺」が1位、アニメ「インサイド・ヘッド」が2位に、「延坪海戦」が3位を記録した。

ページ上部へ戻る