イ・ビョンホン&ハ・ジョンウ&マ・ドンソク主演「白頭山大噴火」2021年夏、日本公開に!ティザービジュアル解禁

ⓒ 2019 CJ ENM CORPORATION, DEXTER STUDIOS & DEXTER PICTURES ALL RIGHTS RESERVED

イ・ビョンホン、ハ・ジョンウ、そして、マ・ドンソクという韓国最高の俳優陣が豪華共演を果たし、韓国で観客動員数820万人超えの大ヒットを記録した『白頭山』(原題)がついに日本上陸する。
邦題は『白頭山(ルビ:ペクトゥサン)大噴火』に決まり、2021年夏、TOHOシネマズ 日比谷ほかにて全国公開される。

白頭山大噴火まで、残された時間は75時間!!
朝鮮半島存続の運命を握るのは、北朝鮮が隠し持つ核燃料と北の工作員。
韓国、北朝鮮、さらにアメリカ、中国の思惑が絡む半島救出ミッションが動きだす!

北朝鮮と中国の国境付近に位置し、朝鮮半島で最も高く、1000年に一度大噴火を起こすと言われる実在する山・白頭山が、もし大規模噴火を起こしたら一体、朝鮮半島はどうなってしまうのか!?
そんな大胆な発想で描いた韓国映画初の本格ディザスター・ムービーが誕生した。

愛する家族を守るため、北朝鮮へ潜入し命がけの任務に就く韓国軍爆発物処理班チョ・インチャンを演じるのは、『神と共に』シリーズなど、いまや韓国きっての大ヒットメーカーであるハ・ジョンウ

そして作戦のカギを握る工作員リ・ジュンピョンには、韓国はもちろん世界で活躍するイ・ビョンホンが扮し、デビュー以来初めての北朝鮮側の人物を存在感たっぷりに演じる。

また、大噴火を予見する地質学者カンには、『新感染 ファイナル・エクスプレス』で日本でも大ブレークしたマ・ドンソク

さらに、『名もなき野良犬の輪舞』などで卓越した演技力を発揮するチョン・ヘジン、『建築学概論』が日本でも大ヒットした元missAのペ・スジなど演技派俳優が集結した。

監督は『彼とわたしの漂流日記』のイ・ヘジュンと『神と共に』シリーズの撮影監督を務めたキム・ビョンソがタッグを組み、物語の深さに加え、リアリティある映像を実現した。

そして制作には『パラサイト 半地下の家族』、『神と共に』シリーズを始め革新的な技術力で数々の傑作を生みだしている、デクスタースタジオが参加し話題を呼んだ。

今回解禁となったティザービジュアルでは“半島が崩壊する”というコピーとともに、火の粉が舞うなかイ・ビョンホンとハ・ジョンウが並び立ち、本作で夢の初共演となる二人が史上最大の危機にどう対峙していくのか、期待が高まる。

いま考えられる、韓国最高峰のキャストとスタッフが夢のコラボレーションを果たした、いまだかつてないブロックバスター・ムービーが2021年夏、日本を席巻する!

映画「白頭山大噴火」のあらすじ

朝鮮半島の南北に跨る火山・白頭山で観測史上最大の噴火が発生!大地震が起き、ソウルでもビルは倒壊し、漢江は荒れ陸橋は崩壊。未曾有の事態に朝鮮半島は大パニックに陥る。

史上最悪の災害を止めるため、政府は白頭山の地質分野の権威である大学教授カン(マ・ドンソク)に協力を要請。
カンは半島を崩壊させるほどのさらなる大噴火が起こることを予測する。

タイムリミットは75時間―韓国軍爆発物処理班の大尉チョ・インチャン(ハ・ジョンウ)は部隊を率いて、北朝鮮へ潜入し火山の鎮静化を図る秘密作戦を実行に移す。

そのためにはまず作戦成功のカギを握る北朝鮮・人民武力部の工作員リ・ジュンピョン(イ・ビョンホン)を見つけ出し、次の大規模噴火を何としても食い止めなければならない。
果たして彼らは、朝鮮半島の崩壊を阻止することが出来るのか!?

「白頭山大噴火」


監督:イ・ヘジュン『彼とわたしの漂流日記』 キム・ビョンウ『神と共に』シリーズ(撮影監督)

出演:
イ・ビョンホン『MASTER/マスター』
ハ・ジョンウ『神と共に』シリーズ
マ・ドンソク『新感染 ファイナル・エクスプレス』
チョン・ヘジン『名もなき野良犬の輪舞』
ペ・スジ『建築学概論』

提供:ツイン・Hulu
配給:ツイン
ⓒ 2019 CJ ENM CORPORATION, DEXTER STUDIOS & DEXTER PICTURES ALL RIGHTS RESERVED

2021年夏 TOHOシネマズ 日比谷ほか 全国ロードショー!




ページ上部へ戻る
error: 右クリックはできません