ユチョン&シン・セギョン主演ドラマ「匂いを見る少女」、初回放送は5%台でスタート!

匂いを見る少女
SBSの水木ドラマ「匂いを見る少女」が初回放送で5%台の視聴率を記録した。

視聴率調査会社ニールセンコリアによると、1日に放送された「匂いを見る少女」は、全国視聴率5.6%を記録した。

この日初放送された「匂いを見る少女」は、それぞれの殺人事件の恐ろしい記憶を持ったユチョン(チェ・ムガク役)とシン・セギョン(オ・チョリム役)の平凡ではない最初の出会いが描かれた。

同時間帯に放送されたKBSドラマ「優しくない女たち」は11.9%の視聴率を記録し、水木ドラマの1位となった。そしてこれに続く形でMBCドラマ「Angry Mom」が8.4%の視聴率を記録した。

ドラマ「匂いを見る少女」は、匂いを目で見ることのできる超感覚を持つ女性と、何も感じられない無感覚刑事が描くミステリーサスペンスラブコメディー。


関連記事

この記事も一緒にいかが?

この記事へのコメント💬

  • 感想・推し愛コメントをどうぞ

  • コメント (0)

  1. ↓ この記事最初のコメントを書く

CAPTCHA