所属事務所と法的紛争中のMegan Lee(ミーガン・リー)、「キム・テウとの大きな感情問題はない・・・」

Megan Lee&キム・テウの写真歌手Megan Lee(メーガン・リー)の所属事務所ソウルショップエンターテイメント(以下、ソウルショップ)は、歌手キム・テウと感情的な問題はないと明らかにした。

今月26日、韓国のマスコミはMegan Lee(メーガン・リー)側の弁護人がこの日、ソウル中央地裁第50民事部の地位保全の仮処分申請に関連する質問に出席したと報道した。

Megan Lee(メーガン・リー)側の弁護士の主張によると、Megan Lee(メーガン・リー)は、ソウルショップの代表であるキム・テウとは大きな感情の問題はない。ただし、キム・テウの妻や父親、母親などキム・テウの家族との信頼関係が壊れ、契約を維持するのは難しいと主張した。

Megan Lee(メーガン・リー)の弁護人は、Megan Lee(メーガン・リー)が未成年であるにもかかわらず、法定代理人なくして専属契約が結ばれた点を強調した。そして「専属契約を締結した当時、Megan Lee(メーガン・リー)が未成年であったため、法定代理人の同意がなければならなかったが、そうではなかった。法定代理人の同意がなかった点については、追加書面で説明を加える予定だ」と説明した。

これに対しソウルショップ側の弁護士は、「書面で後日、詳しく反論する予定」と述べた。第2尋問の期日は、12月17日だ。

ニュースを見たネットユーザーは、「Megan Lee(メーガン・リー)所属事務所紛争、真実は?」、「Megan Lee(メーガン・リー)所属事務所紛争、これからどうなるのかな」など、紛争の成り行きに関心を見せている。

Megan Lee(メーガン・リー)は、今月10日、ソウルショップを相手に専属契約効力停止の仮処分申請を起こした。これに対しソウルショップは専属契約期間は5年であり、収益分配においても、それぞれ50:50で分配しており、決して不利な条件ではないと主張している。

ページ上部へ戻る