EXO(エクソ)メンバーTAO、クリスに対する心境を明かす!「僕たちを騙し、会社を騙した…」

EXOクリス&タオの写真
アイドルグループEXO(エクソ)中国人メンバー、TAO(タオ)がクリスに対する不快な心境を表した。

15日、TAO(タオ)は自身のInstagramにクリスが所属事務所であるSMエンターテイメントを相手に専属契約解約訴訟を起こしたことについて長文のコメントを掲載した。

TAO(タオ)は、「実際に世間は永遠に錯覚をさせられる。時には世間は真実を見る代わりに、真実とは全くかけ離れた、自分の好みに合った話を信じてしまうこともある。真相は永遠にただそのことを経験した人だけが分かる。要するに僕達11人のメンバーとSMとその中のスタッフのように」という意味深なコメントを残した。

そして「当事者ではなければ、誰かに裏切られた気持ちを絶対に知ることはできないだろう。裏切られたのに、すべて裏切りをしたその人の肩を持つような感じ」とクリスの行動を連想させるような言葉を残し、クリスに対する同情論をけん制した。

また、「1人が去った」と名指しはしなかったものの間接的にクリスに言及したTAO(タオ)は、 「彼は延々と逃げようと試みた末、結局は自分が望んでいた脱出に成功した。僕たちが知らなかった状況で僕たちを騙し、会社を騙して、最終的には戻ってこなかった」とし、「練習をして汗だくだったが、突然、1人が戻ってこないだろうというニュースを聞いた。かなり疲れている」と、今回のクリスの行動をメンバーは誰も事前に知らなかったことを明かした。

クリスは15日、法律代理人である法務法人ハンギョルを通じ、ソウル中央地方裁判所にSMエンターテイメントを相手に専属契約無効を求め訴訟を起こした。これについてSMエンターテイメントは「事実確認中であり、非常に当惑している。EXO(エクソ)の活動が問題なく行われるように最善の努力を尽くす所存」との立場を伝えるにとどまり、詳細については言葉を控えている。




ページ上部へ戻る