楽童ミュージシャン、沖縄撮影の新曲「200%」の動画が大きな話題に!イ・スヒョン、MVで演技にも挑戦!

楽童ミュージシャンの写真楽童ミュージシャンのデビューアルバムのタイトル曲「200 %」のミュージックビデオが大きな話題をさらっている。
9日時点で、楽童ミュージシャンの「200 %」のミュージックビデオは動画サイトYoutubeで102万回の再生回数を突破している。

YGエンターテイメントは同ミュージックビデオについて、「楽童ミュージシャンのトリプルタイトル曲の一つである『200%』は、軽快でリズミカルなメロディーの愛の歌」と説明、「メンバー、イ・スヒョンがヒロイン役でミュージックビデオにも出演し演技に挑戦している」と伝えた。

タイトル曲「200%」は、一晩告白の準備をしたが実際その人の前では、震えて何も言えないという恋心を描く歌詞を楽童ミュージシャンならではの感性で表現した曲だ。センスがあるラップと共に透き通るようなイ・スヒョンの歌声が魅力的な一曲となっている。

同ミュージックビデオは沖縄で撮影、イ・スヒョンは、好きな男の子に気持ちを伝えたい純粋な少女の姿をキュートに表現し注目を集めた。所属事務所の関係者によると、イ・スヒョンの演技力が予想外に良く、NGなしで撮影を無事に終えたとのことだ。最近韓国のモデル業界で注目を集めているモデルのナム・ジュヒョクがイ・スヒョンの相手役を務めた。

ミュージックビデオ公開後から、ファンの反応は非常に熱い。ファンは芸能関連サイトやブログなどのコメント欄に、「新鮮で可愛い」、「純粋で爽やかさが感じられる」、「歌は軽快で楽しいけれど、ミュージックビデオの内容は悲しい」、「ミュージックビデオとのギャップがすごい」など様々な感想を残している。

楽童ミュージシャンのデビューアルバム、「PLAY」は、イ・チャンヒョクが11曲全曲を作詞・作曲・プロデュースした。全曲の音源は7日正午に韓国で公開された。


ページ上部へ戻る