パク・シフ、北京空港にファン2千人殺到で中国公安が出動!

パク・シフの写真
俳優パク・シフが、北京空港を麻痺させた。

パク・シフは、今月25日、中国映画「香り」の製作発表会などのスケジュールのため北京を訪問した。パク・シフの中国入りに、約2千人の中国のファンが空港に詰めかけ、北京空港は一時騒然となった。中国のファンは空港でパク・シフの名前を連呼するなど大歓声をあげパク・シフの中国訪問を歓迎した。

多数のファンが空港に殺到したことから、事故防止のため中国公安が出動し、当初空港で予定されていたインタビューはキャンセルとなった。同日、パク・シフの様子を撮影したファンらはYou Tubeに動画をアップ、これらの動画も多数の再生数を記録し人気ぶりを見せつけた。

パク·シフは、中国の公安に囲まれながら、空港を後にしたが、詰め掛けたファンのため、動線が確保されていない中でも落ち着いた様子で笑顔を見せ、ファンに向かって挨拶をするなど、礼儀正しく落ち着いた様子を見せた。

パク・シフの所属事務所は、「中国のファンがパク・シフに熱い応援と関心を見せてくれたことに驚くとともに、嬉しい限りだった。常に変わらぬパク・シフであるべく、より謙虚に努力する姿をお見せたい」とコメントしている。

中国の人気ぶりをニュースで知った韓国のネットユーザーは、「パク・シフ、中国ですごい人気なんだね!」、「パク・シフ、すごいなぁ」、「大陸で人気をさらってる」などといった反応を見せた。

パク・シフが出演する中国映画「香り」は、ツァン・ツイシャン監督の最新作でパク・シフは、中国の女優チョンランと共演している。パク・シフは26日にJWマリオット・ホテル北京で行われた「香り」の制作発表会を皮切りにレッドカーペットと記者会見を行い、本格的な映画プロモーションをスタートする。


ページ上部へ戻る