ワールドスターPSY(サイ)、2年連続YouTube最多再生ミュージックビデオに!

2年連続で全世界のYouTubeユーザーが最も多く見たK-POPのミュージックビデオはワールドスター歌手PSY(サイ)となった。

10日、動画サイトYouTubeは、最近1年間(2012年12月〜2013年11月)、全世界のYouTubeユーザーが最も多く見たK-POPのミュージックビデオと、韓国のユーザー制作動画(UGC)のTOP10などを公式発表した。

YouTubeによると、昨年、全世界で最も多く見たK-POPのミュージックビデオは、今年4月に公開され、現在までに約6億件の再生回数を記録しているPSY(サイ)の「GENTLEMAN」であった。 「GENTLEMAN」のミュージックビデオは、YouTubeに掲載されるやいなや最短1億ビュー突破など、さまざまな新記録を樹立して話題を集めた。

これにより、PSY(サイ)は2012年の「江南(カンナム)スタイル」に続き、今年も「GENTLEMAN」で全世界のYouTubeユーザーが最も多く見たK-POPのミュージックビデオのタイトルを獲得し、2連覇を達成することになった。

PSY(サイ)に続く2位には、少女時代の「I Got A Boy」。ちなみに少女時代は、5位に「Dancing Queen」、6位に「GALAXY SUPERNOVA」がランクインしている。TOP10のうち、3曲もランキング入りしており、確固たる人気ぶりを立証した形だ。

また他の順位は、EXO(エクソ)の「Growl」と「狼と美女」がが3位と4位に、f(x)(エフエックス)の「Rum Pum Pum Pum」が7位、2NE1(トゥエニィワン)の「FALLING IN LOVE」が9位に、4Minute(フォーミニッツ)の「名前は何ですか?」が10位にランクインした。


ページ上部へ戻る