2013年上半期ナンバーワン!『7番房の奇跡』日本公開決定!

7番房の奇跡
2013年韓国で大ヒットした『7番房の奇跡』の日本公開が決定致した。
来年のお正月映画第二弾として、シネスイッチ銀座、新宿武蔵野館他全国ロードショーされる。

映画『7番房の奇跡』は、『アイ・アム・サム』、『ライフ・イズ・ビューティフル』、『リ トル・ダンサー』と父子の物語を描き多くの人々に感動 を与えた作品に続き、現在という時代に生まれた父と 娘の物語。
この度、老若男女を問うことなく、多くの観客の笑いと涙を誘った大ヒット作の日本版ポスターが決定した。
父と娘のしあわせの瞬間を描いた切なくも彩り鮮やかなポスターとなっている。

『7番房の奇跡』ってどんな映画?

韓国映画歴代動員記録第3位を記録した『7番房の奇跡』

過去の韓国映画歴代動員記録トップ5

1位:『泥棒たち』(12)
2位:『グエムル‐漢江の怪物-』(06)
3 位:『7 番房の奇跡』(13)
4 位:『王になった男』(12)
5 位:『王の男』(05)

『7番房の奇跡』のあらすじは?

春になれば黄色いランドセルで学校へ。と夢見ていた知的年齢が6 歳の父ヨングと、しっかりものの6歳の娘イェスンに突然の事件が影を落とす。ヨングは逮捕、収監。けれどもヨングが入れられた7 番房の仲間たちが、イェスンを潜り込ませる大作戦を買って出たのだ。作戦は見事に成功。けれども二人の幸せな時間は長くは続かず・・・・。

『7番房の奇跡』出演者など

キャスト:
リュ・スンリョン(『王になった男』)、パク・シネ(「美男ですね」)、カル・ソウォン(映画初出演)、チョン・ジニョン(「トンイ」)、オ・ダルス(『オールド・ボーイ』)、パク・ウォンサン(『外事警察 その男に騙されるな』)、キム・ジョンテ、チョン・マンシク(『息もできない』)、キム・ギチョン他

監督:イ・ファンギョン 脚本:イ・ファンギョン、ユ・ヨンア、キム・ファンソン、キム・ヨンソク

2013 年/韓国/127 分/カラー/スコープサイズ/5.1ch/韓国語/英題:Miracle in Cell No.7/日本語字幕:小寺由香
配給:コムストック・グループ 配給協力:キノフィルムズ
©2012 NEXT ENTERTAINMENT WORLD Inc. & FINEWORKS Co., Ltd. All Rights Reserved.



ページ上部へ戻る
error: 右クリックはできません