『美男<イケメン>☆スター誕生』パク・ユファン1stファンミーティング記者会見レポート!

パクユファン会見写真

「美男<イケメン>☆スタ-誕生」の 放送とDVD発売を記念して、10月20日(日)山野ホールにて、ドラマの主演でもあり、JYJユチョンの弟としても注目を集めているパク・ユファンが、日本で初めてのファンミーティングの1部終了後に記者会見を行ないました。

(パク・ユファンは、2011年に『きらきらひかる』でデビュー、『千日の約束』で注目を浴び、『美男<イケメン>☆スター誕生』では見事に主演となり、今もっとも期待されている。MBCドラマ『あなたなしでは生きられない』では5歳年上との女性と周囲の反対を押し切って結婚するという情熱的な役を見事に演じ、ファンを魅了している。JYJのユチョンの弟としてもよく知られている)

パクユファン会見写真2

―まずはご挨拶をお願いします。
ユファン:こんにちは、俳優のパク・ユファンです。よろしくお願いします。

パクユファン会見写真3

―ユファンさんは『きらきらひかる』『千日の約束』では優しく癒しのキャラを演じていましたが、今回のツンデレキャラと、どちらが演じやすかったですか?気をつけたところや難しかったところは?
ユファン:『きらきらひかる』と『千日の約束』では心優しい性格の役どころだったのですが、傷を抱えているので感情を表現するシーンが多かったんです。その役に入り込んで感情を表すことがとても大変で集中しようと務めました。『美男<イケメン>☆スター誕生』のウヒョンは、同じく傷はあるのですが、周囲には見せないように壁を作っている性格で、少し意地悪な面もありますが、演じるのはどちらも簡単ではなかったです。

―もしユファンさんが女性なら、ウヒョンとジウのどちらがタイプですか?
ユファン:僕が女性なら、ウヒョンとジウは、それぞれ性格が違いますし、それぞれの魅力もあると思います。ウヒョンは男らしいですし、ジウは男らしさの中にとても愛嬌がある性格でした。でも僕はウヒョンを演じたせいか、演じながらウヒョンの心を感じ取ることも出来ましたし、僕が女性であれば、ウヒョンに惹かれるかと思います。

パクユファン会見写真4

パクユファン会見写真5

―初のファンミーティングですが、どのような準備をされましたか?
ユファン:初めてのファンミーティングということで、まずは、日本語の勉強を始めました。一生懸命日本語の勉強をしたのですが、授業以外では、なかなか日本語を使う機会がなくて、使わないでしばらくすると、またすぐ忘れてしまうので、もっと一生懸命勉強して、これからもっと日本語を活用出来るようになりたいと思います。ファンミーティングでは、皆さんに何かをお見せしたいと思いまして、手品を習いました。習い始めたらとても面白くて、今では趣味になるほど嵌まっています。先ほどの1部もとても緊張しましたが、楽しんで時間を過ごすことが出来ました。

―日本に来る度に必ず行く所はありますか?
ユファン:以前兄が日本で活動していた時から僕は日本によく来ていました。兄がオフの時間が出来ると僕を連れて、よくランチや夕食を一緒に食べに行ったりしたんです。美味しいお店に沢山連れていってくれたのですが、ラーメン屋さんが一番美味しかったのですが、残念ながら場所はどこか分からないんです。連れて行ってもらった当時は、日本をよく知らなかったので場所は分からないのですが、日本に来てよく行くところは、やはり美味しい食べ物屋さんですね。韓国ではあまり沢山食べないほうなのですが、日本は本当に食べ物が美味しいので、ついつい食べ過ぎてしまいます。

―『美男<イケメン>☆スター誕生』ではアイドルグループのスター役でしたが、作品を通じで現実の世界でアイドルのトップに立つお兄さんの凄さを実感したことはありますか?また、歌手の役を通じでお兄さんとDNAが一緒だと感じたことはありますか?
ユファン:兄の凄さというのは、いつも感じているのですが、兄は本当に歌もダンスも素晴らしいので、弟の僕も兄に似ていて歌もダンスも上手いのではないか?と思われがちなのですが、僕も上手くなりたいと思うのですが、残念ながらそうではないんです。ウヒョンを演じてみて、短い時間でしたが、兄についていろいろ考えさせられました。歌手というのは1回のステージの4分ほどのために、沢山の汗を流して準備をしています。演技も、もちろん台本を読んで役を作っていく大変さはありますが、歌手というのは体で歌を表現するので、本当に大変なことで凄い情熱とパワーが必要だと、あらためて感じました。

パクユファン会見写真6

パクユファン会見写真7

―今日、初めてのファンミーティングの1部が終了しましたが、どんなお気持ちですか?
ユファン:ステージにこうして立つのも初めての経験なので本当に緊張しました。そして気恥ずかしくもあり、準備を沢山してきたつもりだったのですが、もっといろんな準備をして、いろんなことをお見せしたほうが良かったんじゃないかなという気持ちにもなりました。でも、僕にとっては全てが初めての経験だったので、本当に大切な思い出になりましたし、韓国ではなく日本でファンミーティングをすることが出来て、とても印象に残り、これからもずっと記憶に残ると思います。本当に楽しい時間でした。

―ドラマも初主演作品でしたが、今回のドラマで役作りのためにしたこと、共演者とのエピソードがあれば教えてください。
ユファン:ドラマのためにいろんな準備をしたのですが、トップスターという役どころだったので、全ての面において優れていなければならなかったんです。実際に共演者の中には歌手で、僕よりも歌も上手くダンスも上手い方がいたのですが、役の上では彼らよりも実力が完璧でなくてはならないということで、本当に沢山の準備をしました。ピアノも始めましたし、ドラムも習いました。ボクシングも歌も習いました。そんな風にずっと稽古を続けていたので、準備の期間は全く休みがないほど忙しく過ごしていました。撮影自体は大変な面もありましたが、本当に楽しく撮影をすることが出来ました。とにかく完璧でなくてはならないという役どころだったので、それが十分に表現出来ていなかったのではないかなと、少し心残りがあるのは事実です。そして、共演者の方々とのエピソードは、同世代の方々とのお仕事だったので、僕にとっては、今後もこんなチャンスはもうないかな?という気持ちで現場にいましたし、おかげさまで共演者達といい思い出を沢山作ることが出来ました。本当に現場は楽しくていつも笑いに満ちていました。特にコ・ウナ先輩は現場の雰囲気をリードしてくれるムードメーカーで、笑いが止まらなかったです。共演者みんなでいると、凄く楽しくなって、元気なエネルギーで盛り上がる現場で、監督からは、「いい加減に笑うのをやめなさい」と注意をされるくらいでした。

パクユファン会見写真8

パクユファン会見写真9

―ウヒョンというキャラクターと実際のユファンさんの似ているところ、違うところを教えてください。
ユファン:ウヒョンと似ている点があるとすれば、胸の奥深いところに傷を抱えているというところです。誰でもそうだと思いますが、僕自身も傷を持っています。そしてどちらも芸能人ということです。似かよっている点が多かったのでとても演じやすい部分もありました。違う点は、僕は周囲の人に怒ったりしません。

パクユファン会見写真10

パクユファン会見写真11

会見前の1部ファンミーティングでは、緊張した様子も見られましたが、終始優しそうな笑顔のユファンさんに、こちらまで癒されました!これからどんな俳優になっていくのかとても楽しみですね!

パクユファン会見写真12

◆放送情報
「美男<イケメン>☆スター誕生」BS11にて好評放送中!
毎週月曜よる10時~
パク・ユファン都内ロケの模様は、11/11【月】
共演者・JYJコメント入り本イベント映像は12/2【月】よる11時~の韓ラブにて放送致します。

◆DVD情報
「美男<イケメン>☆スター誕生【ノーカット版】」
定価:各¥13,650(税込)
発売元:コンテンツセブン
販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
©Victory Production ©2013 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.




ページ上部へ戻る
error: 右クリックはできません