パク・シフ出頭で今後の展開に大きな注目集まる!

1日午前10時、ソウル西部警察署に出頭したパク・シフ。これにより今後の展開に大きな注目が集まっている。

出頭を前に28日午後にはケーブルチャンネルY-starの「生放送スターニュース」でパク・シフの後輩K氏と二人を訴えた女性Aさんとのやり取りの一部が公開された。
同番組によると、パク・シフの後輩K氏は女性とスマホの無料チャット・通話アプリとして韓国で人気のカカオトークを通じてメッセージのやり取りを行っており、Aさんは15日午後3時41分頃「家に着いたよ」とのメッセージを送り、これに対しK氏は「二日酔いは大丈夫?」と返信した。また、午後3時58分頃にはK氏が「今度クラブにでも行こう」とメッセージを送り、これにAさんは「フフフ(笑)◯◯(クラブ名)に行くって言ったよね?」と返していた。

後輩K氏と女性Aさんとの間でメッセージのやり取りがあったということは既に報じられていたが、そのやり取りの一部が出頭前日にマスコミに出たということについて、一部マスコミはパク・シフと後輩K氏の今後の捜査展開に対する自信の表れだと論じている。

パク・シフは最近、京畿道(キョンギド)城南盆唐(ソンナム ブンダン)警察署を通じて、女性とK氏がやりとりしたメッセージについて証拠保全を請求したことが明らかになっている。(※後輩K氏はソウル郊外在住)


ページ上部へ戻る