「パダムパダム~彼と彼女の心拍音~」スペシャルトークショー&プレミア抽選会 取材レポート

2013年1月27日(日)ドラマ「パダムパダム~彼と彼女の心拍音~」の主演でもあるチョン・ウソンとハン・ジミンが来日し、東京・メルパルクホールにて番組イベント「スペシャルトークショー&プレミア抽選会」が行なわれました。

会見とは違った黒のスーツ姿のチョン・ウソンさんと可愛らしいフレアミニのハン・ジミンさんが登場すると会場は大歓声。挨拶でウソンさんは、「先ほど舞台の袖で控えながら“パダムパダム”と心臓がドキドキときめいていました。昨日のインタビューではこんなことは無かったのですが、皆さんの前に立つというのは心臓が高鳴ることなのかなと思います。「パダムパダム」という作品を通じて皆さんにご挨拶が出来ることを本当に嬉しく思っています。」、ジミンさんは「私もこのように多くの皆さまの前に立って緊張して「パダムパダム」とドキドキしています。今日一緒に過ごす時間の間、皆さんにとって幸せで楽しい思い出を一緒に作ることが出来ればと思います。」と挨拶し、トークショーが始まりました。

―お2人にとって「パダムパダム」はどんな作品ですか?
パダムパダムのチョンウソン1
チョン・ウソン
:朝目覚めてみたら、現実で自分が目にしていた光景よりも美しく輝いていて透明感のある爽やかな気持ちになるような世の中が目の前に広がっていたと言う意味で、「パダムパダム」は新しい世界を見せてくれたドラマでした。
ハン・ジミン:まずは女優として新しいキャラクターに挑戦することが出来たというチャンスとなった作品でした。共演者の方々から本当に沢山のことを学ぶことが出来た作品でもありました。また個人的には「パダムパダム」を通じて一日一日を感謝するという気持ちを学んだドラマでした。

―このドラマでは奇跡がテーマで、天使も登場しますが、もし天使がいたとしたらこんな奇跡を起こしてほしいですか?
ハン・ジミン:劇中、ガンチルは長い間、刑務所で過ごし、ようやく初めて愛する人に出会うのですが、こんなにいい人が辛い病気になるのかと胸が痛みました。世の中には本当にいい人が病気になってしまうことがありますので、その病気を直してくれるような天使がいたらいいなと思います。
パダムパダムのチョンウソン2
チョン・ウソン:ガンチルを通じて一日の大切さ、日常の大切さということに気付かされたのですが、皆さんがまさに私達を輝かせてくれる「パダムパダム」の守護天使なんだと感じます。

―お2人の演技を見て凄く息が合っている気がしたんですが、実際に共演は初めてですよね?
パダムパダムのチョンウソン3
チョン・ウソン:番組が終わった後に打ち上げも兼ねて食事をご一緒したことがあるのですが、それ以来で今回2カ月ぶりにお会いしたんです。先ほど控え室にジミンさんが遊びに来てくれたのですが凄く気まずそうにしているのでガンチルじゃないように感じたのかなと少し寂しく思いました。
パダムパダムのハンジミン3
ハン・ジミン:久しぶりにお目に掛かって少し照れ臭かったのかもしれません。先ほど映像を見ていましたらそういえばガンチルはこんな姿だったなと思い出しました。いつもガンチルの姿で現場に居ましたので、私も知らず知らずにその姿に馴染んでいたのかもしれません。でも今日は本当に素敵なので少し緊張してしまいました。
パダムパダムのチョンウソン4
チョン・ウソン:(照れながら)ありがたいですね。撮影を終えて振り返ると、ジナは理性よりも感性で動くガンチルに振り回されたり、周囲の様々な人物に振り回されますよね。いろんな人間関係の狭間で一途な愛を貫いていくんです。ドラマではガンチルがジナを抱きしめるシーンが多いのですが僕の中で振り返ってみると、ジナにいつも温かく包まれていたような印象です。

事前に寄せられたファンからの質問では「Q.ガンチルは行動的で活発ですが実際のチョン・ウソンさんはどんな人柄なんでしょうか?」に「僕も明るく積極的。とても前向きでどんな状況があっても目を逸らせたり、避けて通ることはしません。目の前に起こっていることを受け入れて向き合って乗り越えていこうとする性格。違う点は愛情表現も含めた表現方法でガンチルはストレートに自分自身を表現しますが、僕はそうではないので学びたいなと思いました。」
「Q.第5話でガンチルがジナに突然キスをしてしまうシーンがありますが、ハン・ジミンさんは実際これまでこんな思いをしたことがありますか?」には「記憶がぼんやりしているのでなかったのかなと思います。」と言うと聞き出そうとするウソンさん。「ドラマではキスをされたあとガンチルに冷たく接しますが、やはりキスをされた当時はジナもこれは恋なのか同情なのか混乱していたのではないかという気がしました。」
「Q.チョン・ウソンさんはこの作品で素晴らしく鍛え上げられた体を披露してくださいましたが、普段から何かされていることはありますか?また指もとても綺麗ですが、何か気を付けてらっしゃるのですか?」には「撮影でとにかく体力が必要なので体調管理のためにもいつも体を鍛えているんです。僕の手は体格と比べるとそんなに大きなほうではないんです。画面映りのいい指なのかなという気がします。実は、体は今の方がもっとよく鍛えられていますよ。」
「Q.とても素敵なジミンさんなのですが、一番気に入っているシーンはどのシーンですか?」には「難しいですが1つ選ぶのであれば湖のシーンを挙げたいです。湖で水泳をするの撮影は寒くてとても大変で数日間に分けて撮影が行なわれたのですが、美しく映像が仕上がっていたので本当に嬉しかったですし、告白のシーンでもあります。他のどのシーンよりも美しい告白のシーンになったのではないかと思います。」と言い、大変だった撮影の裏話も話してくれました。

続いて会場のファンからの質問では「Q.ウソンさんは何歳の頃に戻りたいでしょうか?」という質問に「10代に戻って演技の勉強をしたいです。」と答え、「Q.最後の雪の中で裸で遊んでいるシーンですが、楽しかったですか?」には「本当に寒かったのですが、あれは本当に脱いでいたんですよ(会場笑)。余りの寒さに体を防御するために熱が出てくるんです。」と言い、ジミンさんが、「もともとはジナも脱いでいる設定だったのですが、知らずに服を来て演じました。」と言うと「日本の放映にはそのバージョンで撮り直したほうが良さそうですね。」と茶目っ気たっぷりのウソンさんでした。

パダムパダムのキムボム
続いて「映像を見ながらのクイズ」、「お気に入りのシーンベスト5」や「ドラマに関わった人達からの映像メッセージ」が流れ、共演のキム・ボムさんからは「ウソンさんはいつも相談に乗ってださり、演技だけでなく人間的にも尊敬できる方、ジミンさんは可愛らしくて、常に笑顔でムードメーカーでした。」とのコメントに「会いたくなりました。ボム君はいつも慕ってくれました。でも携帯メールのやりとりはジミンさんが多いみたいです。」と羨ましそうなウソンさんでした。また、イ・ジェウさん、ナ・ムニさん、キム・ギュテ監督からのメッセージも流れ、「監督は俳優に指示をするというよりは俳優達を観察して監督のアイディアによって俳優達の演技の幅を引き出してくれた監督でした。」とウソンさんが言うと、「監督とはいい思い出しかなく、親しくさせていただきました。今映像を見ると緊張していらしたようで2人で笑ってしまいました。」とジミンさん。
続いて「ドラマの名シーンをファンと再現」のコーナーでは、ファンを相手にウソンさんとジミンさんがそれぞれ名監督となって名シーンを再現、ファンの名演技と一緒に名監督の2人もとても楽しんでいました。

トークショーの最後のメッセージでは、
チョン・ウソン:皆さんのお陰で僕達は幸せな時間を過ごす事が出来ました。「パダムパダム」の応援をこれからどうぞよろしくお願いいたします。そして周囲の方にもこのドラマをぜひ勧めしてくださいね。
ハン・ジミン:皆さんに来ていただいたことで私達が逆に幸せな時間をプレゼントしていただきました。皆さんにとって今日が素敵な思い出になることを祈っています。そして「パダムパダム」が長く心に残る作品になることを願っています。今日は本当にありがとうございました。

またこのあとDVD-BOX購入者が参加できる「プレミアム抽選会」が行なわれました。衣装も新たに登場し始めにトークが行なわれました。

パダムパダムイベント2人4
―2人はこのドラマで初対面だったのですか?お互いの印象は?
チョン・ウソン:とても真面目な先生と言う印象で演技も正しく生真面目にされていました。ジナは劇中でガンチルを一途に愛してくれるんです。人と言う文字は人と人が互いに支え合う意味ですよね。ジナにガンチルは支えられていたんだな。そして女優であるハン・ジミンさんに俳優であるチョン・ウソンが支えられていたんだなということを感じました。
ハン・ジミン:チョン・ウソンさんは、私が学生の頃、友達の間でも本当にロマンのような存在だったんです。共演出来るだけでも胸がときめいていたのですが、初めてお会いした時はやはり凄いオーラを感じたんです。演技を一緒にしてみて外見が素敵なだけでなく、とても思いやりのある方で現場では隅々まで気を配っている姿を拝見し、本当に人間的な方だなと思いました。私がそんな風に支えることが出来たとすれば、それはガンチルであるチョン・ウソンさんが導いてくれたからだと思うんです。この場をお借りして感謝申し上げたいです。

抽選会ではサイン入りポスターや、ジミンさんからはマフラー、ウソンさんデザインのチュニック、スカーフなどが直接プレゼントされました。

―最後にドラマの見どころをお願いします。
チョン・ウソン:私も撮影中は多くの涙を流しましたし、おそらく見てくださる方も沢山の涙を流されるのではないかと思います。ドラマを終えてこのように嬉しい気持ちでこのステージに立つことが出来たのはドラマを通じてピュアな愛、奇跡とは何か?本当の愛とは何か?という意味を私自身教わりました。皆さんにもぜひ「パダムパダム」を見て日常の中にある大切なものを見付けていただければと願います。
ハン・ジミン:このドラマはガンチルとジナのピュアなラブストーリーが描かれていますが、それだけでなく家族愛やファンタジーなどの面白い要素が沢山詰まっています。ドラマを通じて皆さんにも幸せや奇跡、そして身の回りの日常の大切なことを感じ取っていただければと願っています。

◆取材後記
とても可愛らしいハン・ジミンさんと、見た目も中身も男らしいチョン・ウソンさんの二人の姿がとても微笑ましくて、ファンの方も楽しめたイベントだったと思います。ドラマの中の素敵な二人にも注目です!

取材日:2013年1月27日(日)

◆作品情報
『パダムパダム~彼と彼女の心拍音~』

天使が舞い降りた瞬間、奇跡は起きた…

【テレビOA情報】
■テレビ朝日 関東ローカルにて放送中!
毎週日曜 深夜2:40~3:30

■テレ朝チャンネルにて放送中!
毎週金曜日 午後3:30~6:00[2話連続] 毎週土曜日 深夜1:00~3:30[2話連続]

【DVD発売情報】
DVD-BOX1 12月5日(水)発売
DVD-BOX2 12月19日(水)発売
各16,800円[税込] ©JTBC Co., Ltd All Rights Reserved
© 2012 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

ページ上部へ戻る