【取材レポ】EXID(イーエックスアイディー)「ギャップの魅力に注目して」日本デビュー記者会見レポ

8月22日(水)に待望の日本メジャーデビューをする人気ガールズグループ「EXID」(イーエックスアイディー)が6月27日東京・ZEPP TOKYOにて日本初単独ショーケース<EXID PREMIUM DEBUT SHOWCASE “Exceed In Dreaming” in JAPAN>を開催し、イベント合間には記者会見<EXID JAPAN DEBUT会見>が行われた。

左から LE、ジョンファ、ハニ、ヘリン

Q.まずは日本デビューが決定したお気持ちをお聞かせください。

LE「私たちが日本で公演を行ったのはまだ2度くらいしかありません。そんな私たちが日本で本格的に活動が出来る機会が得られてとても嬉しく思っています。そして日本のファンのみなさんに沢山会えると思うととてもワクワクしています。」

ジョンファ「日本のファンのみなさんは、いつも私たちに会いに韓国まで来てくれましたので、心の中でいつもありがたいなという気持ちでいました。そんな私たちが今度は自分たちの足で日本に来てファンのみなさんに会えることになるということがとても嬉しいです。」

ハニ「私たちEXIDは“夢を超える”という意味があります。その意味に会うように今まで沢山の挑戦をしてきましたが、また新たな挑戦をすることになったと思うと、とても緊張もしましたし、ワクワクドキドキしています。」

ヘリン「日本でデビューすると聞いた時、少し心配もしていました。今まで日本で活動する機会や日本のファンのみなさんに会う機会がなかなか無かったから、私たちが日本に行っても、みなさんが好きになってくれるだろうかと思っていたからです。でも今日の1度目のショーケースでみなさんが本当に私たちの事を歓迎して喜んでくださいました。本当に感謝しています。そして感動もいただきました。これからもっともっと一生懸命頑張って活動していきたいと思いました。」

Q.先ほどのショーケースはいかがでしたか?

ハニ「私たちが思っていた以上に本当に沢山の方が足を運んでくださったので、最初は凄く驚きました。それと同時に感謝の気持ちでいっぱいになりました。」

Q.ショーケースで記憶に残っている瞬間は?

LE「やはり私たちがリフトに乗って登場してファンのみなさんと初めて向き合った瞬間じゃないかなと思います。沢山のファンのみなさんが、私たちのペンライトを振りながら大きな歓声を送ってくださいました。本当にこの先も一生忘れられない瞬間になると思います。」

Q.(登場の)リフトのリハーサルでは時間をかけていましたが、どんな話しをしていましたか?

ハニ「リフトでは、みんなでタイミングを見て立ち上がろうねという話しとか」
ジョンファ「私たちは怖がりなので、怖いねという話しをしていました。」
―話し合いでヘリンさんはずっと座っていたそうですが…
ヘリン「はい、そうです。私も積極的なときは積極的なんですが…時々そんな感じだったりします。」

Q.「UP&DOWN JAPANESE VESRSION」はどのような曲になりそうでしょうか?

ジョンファ「新しく日本でデビューするにあたって、レコーディングは終えています。そして日本のファンのみなさんがきっと好きになってくれると思うもう1曲も準備しています。話していいか分かりませんが、日本の曲も準備中なので、どうかご期待ください。」

Q.日本語でのレコ―ディングで大変だったことは?

ハニ「日本語で歌うことにあたって、もしかすると発音が比較的簡単と思ったメンバーもいるかもしれませんが、私にとっては難しいことでした。私が普段使っている発音とはやっぱり日本語は違う部分があったからです。ただ、レコーディングの際はプロデューサーさんの導きで満足のいく作品が出来上がったかなと思いますので、どうかご期待ください。」

Q.ヘリンさん、日本語を少し覚えてショーケースに臨んだのでしょうか?

ヘリン「ちょっと勉強しました。ファンのみなさんに会う機会、テレビ番組などで必要だろうと勉強を続けてはいるのですが、短い時間での準備でしたので未熟な点が多いかと思います。これから先もメンバーで一所懸命勉強していくつもりでいますので、どうか温かく見守っていただけたらと思います。」

Q.ジョンファさん、楽屋やリハーサルで日本語を積極的に使ってましたが、本番のショーケースは、やはり緊張感がありましたか?

ジョンファ「先ほどのショーケースでは少し緊張してしまったと思います。日常の中で使っていてこそ実際にステージに立った時に自然に使えるんじゃないかなと思っているので、今も出来るだけ日本語を使うように努力しています。」

Q.これから日本での活動も増えるかと思いますが、日本でやってみたいことは?

LE「他の歌手の方と一緒にお仕事をするとか、番組に出させていただくとか、日本でもやってみたいことが沢山あります。」

ヘリン「今日はショーケースですが、この先私たちもコンサートツアーを行う予定ですので沢山期待をしていただきたいと思います。私たちも一生懸命準備していきたいと思います。」

ジョンファ「私たちEXIDのチーム名は“夢を超える”という名前ですので、本当に大きな夢を抱いて、最初はZEPPツアーから、そしてアリーナツアー、出来るならドームツアーまで行けると本当に嬉しいなと思います。」

Q.韓国ではバラエティなどアーティスト以外の活躍もされてますが、やっぱり違いますか?

ハニ「音楽活動とバラエティなど芸能活動をするときは、浮き彫りにされる焦点が違ってくるんじゃないかと思います。」

Q.日本での活動で、EXIDの注目してほしいポイントは?

ハニ「私たちEXIDは、ギャップの魅力ではないかなと思います。ステージに立ってる時は、自分たちで言うのもなんですが、かっこいいな、セクシーだなと見てもらえるかと思うのですが、普段の私たちは性格がサバサバしていたり、仲良くなりたいなという人柄だったりする部分に焦点を当てて、見ていただけたらなと思います。」

Q.最後に一人ずつファンにメッセージをお願いします。

LE「今まで私たちはファンのみなさんに、必ず日本に行くからね、日本に行きたいです、日本で会いましょうと言ってきました。それがやっと日本に来て、みなさんに会えましたし、みなさんも私たちを歓迎してくれましたのでとても嬉しいです。これから先、度々日本に来たいと思っていますので、どうか楽しみにしていてください。沢山の関心を向けてください、ありがとうございます。」

ジョンファ「私たちはいつもファンのみなさんに対していつも感謝の気持ちを持っていました。その気持ちを表現できる、そして日本のファンのみなさんの気持ちに応えられるいい機会が来たなと思います。これから私たちのいい姿をみなさんにお見せして、またみなさんと一緒にいい思い出を作っていきたいと思います。頑張ってるなという気持ちで見守ってください。ありがとうございます。」

ハニ「今日は本当にファンのみなさんのおかげで、良い運気をもらってスタート出来たなと思います。これから先沢山の思い出をファンのみなさんとともに作っていきたいと思います。これから先私たちメンバーは日本語を一生懸命勉強してファンのみなさんと直接会話したり、コミュニケーションを取れるように一生懸命頑張ります。ありがとうございます、よろしくお願いいたします。」

ヘリン「ファンのみなさんに本当に感謝しています。今後みなさんに会える機会を沢山作っていきたいと思いますので、沢山の愛情と関心を向けていただけたらなと思います。そして通訳さんには申し訳ないのですが、これから先、通訳さんがいらなくなるほど一生懸命日本語を勉強してファンのみなさんと直接会話が出来るようになっていきたいと思います。頑張ります。ファイティン!」

8月の日本メジャーデビューに向けて、確かな手ごたえを感じた今回のショーケース。EXIDの今後の日本での活動に大きな期待が膨らむ。

リリース情報
日本メジャーデビューシングル「UP&DOWN JAPANESE VERSION」
発売日:2018年8月22日(水)

公演情報
<EXID JAPAN 1st TOUR Produced by MTV>
【東京】
日程:2018年8月23日(水)
会場:Zepp Tokyo

【大阪】
日程:2018年8月25日(土)
会場:Zepp Osaka Bays

オフィシャル:https://exid-official.jp/




▼この記事もよく読まれています

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!





韓国ドラマVODランキング
ページ上部へ戻る
Translate »