T-ARA前所属事務所が”T-ARA”の商標登録!今後、グループ名は使えず…

ガールズグループT-ARA(ティアラ)の前所属事務所MBKエンターテイメントが、「T-ARA(ティアラ)」の商標を出願していたことが明らかになった。

特許情報検索サービス(KIPRIS)によると、MBKエンターテイメントは昨年12月28日、「T-ARA(ティアラ)」という商標で商標権の出願を行った。

商標権の出願が行われると、T-ARA(ティアラ)のメンバーがT-ARA(ティアラ)という名称をMBKの許可なく使用することは不可能となる。
また他のグループとして新たな名前で活動する場合でもT-ARA(ティアラ)の名前で発表した曲を歌う場合には、著作権料を支払わなければなら可能性が高い。

今回の商標権ニュースが報じられると、Highlight(ハイライト)の過去の事例が取り上げられた。
Highlight(ハイライト)は、前所属事務所であるCUBEエンターテイメントがBEAST(ビースト)を商標として出願・登録したことにより、所属事務所から離れたメンバーは、新しいグループ名であるHighlight(ハイライト)の名前で芸能活動を再開した。

T-ARA(ティアラ)のメンバーは全員が昨年12月にMBKエンターテイメントとの契約を終えた。
メンバーのヒョミンは、SNSを通して、「メンバーたちは、これからどこにいても、いつでも一緒だ」とコメントし、グループを解散しないことを強調していた。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!





韓国ドラマVODランキング
ページ上部へ戻る
Translate »