チャン・グンソク、新ドラマ「スイッチ-世界を変えろ」で1人2役に挑戦!

俳優チャン・グンソクがSBSの新しい水木ドラマ「スイッチ-世界を変えろ」(演出:ナム・テジン、脚本:ベク・ウンチョル)で1人2役に挑戦する。

ドラマ「スイッチ-世界を変えろ」は、合法と違法の境界で正義に向けて風刺メッセージを投げかける内容を描く。チャン・グンソクの主演が決まり、ドラマへの注目が集まっている。

ドラマの中でチャン・グンソクが演じることになるサ・ドチャンは、検事になるために司法試験を準備するほど、優れた頭脳を持つ人物だが、検事にはなれず詐欺師になる。またチャン・グンソクが二役するペク・ジュンスは、サ・ドチャンとそっくりそのまんまの見た目だが、検事として働く相対する別のキャラクター。
チャン・グンソクは、検事と詐欺師の1人2役という180度異なる役を演じるわけだ。

チャン・グンソクの他に同作にはハン・イェリ、チョン・ウンイン、パク・ホサン、チョ・ヒボンなどの出演が決まっている。

チャン・グンソクは今回のドラマ出演について、「台本を見て作品に対する信頼が生まれ、出演を決心した。1人2役に挑戦することができるこの作品は、僕自身にもターニングポイントになると考えている。2016年の『テバク』出演以降、再びSBSで(視聴者に)お会いすることになった。髪も切って、心機一転しても、良い姿お見せ出来るよう努力しているので、期待してください」とのコメントを伝えた。

SBS新しい水・木ドラマ「スイッチ-世界を変えろ」は、「リターン」の後番組として3月から韓国で放送がスタートする予定だ。

この記事も一緒にどうぞ!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!

ページ上部へ戻る
Translate »