JYJユチョンを脅迫した男2人に実刑確定

ユチョン グループJYJ(ジェーワイジェー)のメンバー、ユチョンから性的暴行にあったと告訴状を提出した女性A氏の恋人と、そのいとこである男性2人の実刑が確定した。

26日、最高裁2部(主審チョ・ジェヨン最高裁判事)は、恐喝未遂容疑などで起訴されたB氏とC氏の上告審でそれぞれ懲役1年6月と2年を宣告した原審判決を確定した。

B氏とC氏は、ユチョンに性的暴行にあったと警察に告訴したAさんの知人でユチョンとユチョンの所属事務所に対してA氏の性的暴行被害の和解金5億ウォンを要求した脅迫の疑いをもたれていた。

女性A氏は、昨年6月、ソウル江南(カンナム)の某風俗店内のトイレでユチョンに性的的暴行にあったとユチョンを警察に告訴した。しかしA氏はその後、「性的関係に強制がなかった」と告訴を取り下げ、ユチョンはすぐにA氏と共に2人の男性を罪と恐喝の疑いで告訴した。

これと関連し、過去1、2審で裁判所は、「ユチョンは、一朝にして性的暴行犯という拭うことのできないイメージにより致命的な傷を負った。被告の罪質は不良である」と指摘していた。

この記事も一緒にどうぞ!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!

ページ上部へ戻る
Translate »