SHINeeジョンヒョン、ラジオ降板後の思いを語る…「最後の放送を終えた時…」

【無料お試しも▶▶】 韓国ドラマ動画配信サービス徹底比較ランキング!

写真:「正午の希望曲キム・シニョンです」
グループSHINee(シャイニー)のメンバー、ジョンヒョンがラジオDJとして活躍した当時を振り返った。

ジョンヒョンは、26日に韓国で放送されたMBC FM4Uラジオ「正午の希望曲キム・シニョンです」に出演し、「3年4ヶ月の間、『青い夜、ジョンヒョンです』のMCをした。深夜の時間帯だったので、感性的に得られたことが多かった時間だった」とラジオ降板について思いを語り始めた。

ジョンヒョンは続いて「最後の放送を終え、オンエアの赤い光が消えた時、本当に悲しかった。(番組降板後)眠る時間がずれたため、目が覚める時間が早くなった。今日も7時30分に起きた」語った。
そして「深夜番組は良かったが、肉体的に疲れがたまったようだ。降板後、夜12時頃に(家を)出たことがほとんどなかった。3週間家にいた」と告白し、「最近12時になると、体がうずうずする」と明らかにしながら、ラジオ降板に対する名残惜しさを表わした。

ジョンヒョンは、2014年2月からラジオ「青い夜、ジョンヒョンです」のDJを務め、リスナーたちから愛されてきたが、4月2日の放送を最後に番組を降板した。

この記事もよく読まれています!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!

ページ上部へ戻る
Translate »