【独占インタビュー】MR.MR 待望の2ndシングル『ROCK this WØRLD』リリース!メンバーと恋愛体験も!?

    MRMR (2)全員が180センチ以上の身長とモデル並みのビジュアルを誇る“男の中の男”という意味を持つMR.MR(ミスターミスター)が、今年2月に発売しオリコンデイリーランキング1位を獲得した日本メジャーデビュー曲『Just 1 Light』に続き、待望の2ndシングル『ROCK this WØRLD』が8月30日(火)に発売。力強くパワフルな楽曲とMVに加え、for TUNE限定購入特典ではなんと5人のメンバーとそれぞれ恋愛体験が出来るという前代未聞のシチュエーションビデオを配信するというMR.MRにインタビューさせていただきました!
    (※メンバーのジンは体調不良のため今回不参加とのこと)

    MRMR (6)左から サンヒョン、チャンジェ、テイ、ドヨン、ジェミン

    Q.新曲『ROCK this WØRLD』を初めて聴いた時の感想は?
    チャンジェ「初めて聞いた時はトラックだけ聴いたのですがEDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)だからどうやって歌うか正直ちょっと悩みました。次にガイドボーカルを聴いてイメージを作って自分たちで歌ったら、プロデューサーさんの考えた通りのいい感じになりました。」
    ―日本語のレコーディングは大変ではなかったですか?
    チャンジェ「別に日本語は大丈夫でしたが、「ツ」の発音だけ大変でした。」
    サンヒョン「「ツ」とか「ザ」が難しかったです。」

    Q.MVでは炎が凄かったですが、ケガなどはされませんでしたか?
    ジェミン「下に石が沢山あったので、手をついた時に手とか膝とかがちょっと痛かったです。」
    テイ「炎が凄かったです。めちゃ熱くて石が大きすぎでした。あとは、みんな大変だったと言ってましたが、雨が降ってたのですが、そのおかげで映像の雰囲気が良くなりました。」

    Q.今回、恋愛体験が出来るシチュエーションビデオがありますが、こちらが見ても恥ずかしい感じですが、自分で演技してみていかがでしたか?
    チャンジェ「もっと恥ずかしいです!」(全員笑)
    ―セリフが全部日本語ですが難しくなかったですか?
    テイ「それが難しかったです。同じところを何度も失敗しました。みんなで撮影するところで同じところを失敗して、また同じところを失敗して…10回くらい失敗しました。」
    ―ちなみにNGが多かった方は?
    チャンジェ「特にテイ君が一番最初に撮影したので難しかったと思います。」
    テイ「はい、“お姫さま”と言ってました。でもカメラをファンのみなさんだと思ったら全然大丈夫でした。ドキドキしましたが(照)」
    チャンジェ「僕は1シーンずつ3回位でそんなにNGは無かったんです。本当はもう一回やりたかったのですが、監督さんがOKを出すんです。「もう1回やっていいですか?」と聞くと「ん~べつに(やらなくて)いいんじゃないですか?」と言うので「はい、分かりました!」となりました。」(笑)

    Q.シチュエーションビデオの中でお気に入りのセリフを教えてください。ドヨン (2)ドヨン「“テイは隙も油断もない”です」(笑)
    サンヒョン「僕はドヨンさんの1話で“あなたたち付き合ってるの?”です。」
    チャンジェ「私は“ダメ!”です。彼女をメンバーから守るためにずっと“ダメ!ダメ!”って言うんです。」
    ジェミン「“深夜の僕のラジオが出来るのはとても嬉しい”です。」
    テイ「僕は“お姫さま迎えにあがりました”です。」

    Q.浴衣(和服)のシーンもありましたが、夏のデートプランで彼女と一日行くとしたらどこへ行きたいですか?
    チャンジェ「僕は由比ガ浜です。」
    テイ「僕も由比ガ浜!」
    サンヒョン「僕は臨海公園…やっぱり鎌倉!この前1人で旅行しました!」
    ジェミン「僕はお台場!(チャンジェ「暑いよ~」)お台場も海があります。」ジェミン (2)ドヨン「僕はめちゃくちゃ田舎で森の中。川もあるし木で作った家もあるようなところ。日本の映画で、河童のクゥと一緒に旅行するアニメ(~河童のクゥと夏休み~)があるのですが、夏に河童を探しに森に行きたいです。涼しそうです。」
    テイ「日本じゃなきゃだめですか?(どこでもいいですよ)ハワイ!ホノルルとかモルディブの海でリゾートペンションみたいなところを借りて…サーフィンとかしたいです…運動神経はいいほうです…(笑)」

    Q.演技といえば、先日チャンジェさんとテイさんが舞台をやられたそうですが、いかがでしたか?
    テイ「舞台はめちゃ楽しかったです。」
    チャンジェ「楽しかったのです。もう一回やりたいです!」
    テイ「やっぱりチャンジェ君と僕しか韓国人がいなかったので、それが楽しかったんです。日本語の勉強も出来るし、みんなから日本のいろんなところを教えてもらえるし、友達にもなれました。」
    チャンジェ「勉強になりました。特に今回は演技の勉強にもなりました。」チャンジェ (1)Q.それぞれ他に何かチャレンジしたいことはありますか?
    ジェミン「日本のいろんなバラエティーに出たいです。怖い番組で心霊現象を経験してみたいんです。」
    サンヒョン「ジェミンは怖いゲームするときに一番怖がりなんですよ。」
    チャンジェ「ジェミン君が出たらリアクションがとても面白そうです。」
    ドヨン「面白くないと思います。カメラに入らないかもしれないから(笑)」
    ジェミン「とりあえずカメラに映るように入ります!(笑)」

    サンヒョン「僕は運動番組に出たいです。」
    チャンジェ「サンヒョン君が出たら上手いと思います。」
    ―サンヒョンさんは何が得意なんですか?
    サンヒョン (3)サンヒョン「サッカーです。」
    テイ「上手くてびっくりしますよ。メッシみたいです。」
    チャンジェ「ジャンプ力が凄いです。(天井の指さし)天井のエアコンくらいは余裕で届きますよ!」
    テイ「そのくらい、俺も出来るよ!」(笑)テイ (2)テイ「みんなで日本の歌番組に出たいです。いろんな方に見てほしいです。」
    チャンジェ「あと、歌で音程やリズムを正解しながら歌う番組があるじゃないですか?(カラオケですか?)はい、カラオケです。それにテイ君が出場するそうです。優勝するかもしれないです。」(笑)

    ドヨン「僕は番組で美味しいお店を探しに行きたいです。行って食べて、まずかったら美味しいって顏をするけど表情に出ちゃうかもしれませんが…」
    テイ「分かっちゃったらダメじゃん!」(笑)

    チャンジェ「僕はただ、舞台を続けてもっと演技をやって映画や舞台に出たいです。」
    テイ「僕はドラマに出たいです。ヒーローみたいな役をやってみたいです。お願いしますマネージャーさん!」(笑)

    Q.いつも定期ファンミーティングをやられてますが、今後ファンとやってみたい企画はありますか?
    チャンジェ「スカイダイビングやスキューバーダイビングをやってみたいです。」
    サンヒョン「グループでファンのみなさんと一緒にリゾートに1泊で、夏だから海に行きたいです。」
    ジェミン「僕もファンのみなさんと1泊旅行!」
    ドヨン「僕はアマゾンに一緒に行って、蛇とか火で焼いて食べたりしたいです!」(笑)
    テイ「なんでもいいですか?(いいですよ)そしたら10人くらい抽選して、一緒に飛行機に乗ってアメリカに行って、朝にドーナツとコーヒー飲んで、次にヨーロッパに行って天気が良くて景色がいいところに行ってみたいです。」

    Q.最後にファンの方へメッセージを願いします。

    ドヨンドヨン「僕たちのセカンドシングル『ROCK this WØRLD』が発売しますから、みなさん沢山聴いてください。そして応援よろしくお願いします。」サンヒョンサンヒョン「みなさん夏なので暑いですが、いつも(イベントに)来てくれてありがとうございます。今からもっと暑いですけど応援してくれたら本当に嬉しいです。頑張ります。」ジェミンジェミン「みなさん、いつも僕たちと一緒にいてくれてありがとうございます。これからもずっと僕たちのそばにいてください。一緒に連れていきます!」テイテイ「今回のシングルは2曲あります。イメージチェンジするための『ROCK this WØRLD』と『夢の途中』で僕たちが力を入れて作りました。『夢の途中』はみなさんのことを考えて作った曲でレコーディングするときもファンのみなさんが喜んでくれるかということをすごく考えました。自分の夢があるからそれを持ちながら進んでいきたいと考えながら歌いました。行きたい場所に一緒に行きましょう!ついて来てください、絶対行くから!」チャンジェチャンジェ「MISO(ファン)のみなさん、いつも応援してくれて本当にありがとうございます。この蒸し暑い夏に僕たちの力になってくれて本当に幸せです。暑さに気を付けて今回の活動を一緒にいきましょう!大好きです。」MRMR (3)メンバー全員日本語で楽しい話を沢山してくださり、時間があっという間でしたが、最後に「目標は武道館!そしてドーム!」と力強く意気込みを語ってくれました。さまざまな活動に全力でチャレンジしているMR.MRから今後も目が離せません!

    MR.MR■2016 年 8 月 30 日(火)発売!
    MR.MR 2nd Single 「ROCK this WØRLD」

      この記事もよく読まれています!

      ページ上部へ戻る
      Translate »