映画「私の親友悪党たち」コ・ジュニ、アクションに対する恐怖心を告白!怪我をするのが怖くて…

女優コ・ジュニがアクションに対して恐怖があったことを告白した。

17日午前、ソウル・城東区(ソンドンク)CGV往十里(ワンシンリ)で開かれた映画「私の親友悪党たち」(監督イム・サンス)のマスコミ試写会には、イム・サンス監督をはじめ、俳優リュ・スンボム、コ・ジュニが参加して会場を沸かせた。

映画「私の親友悪党たち」は、アクション映画ではないが、アクションシーンがありコ・ジュニが大きな役割を果たした。試写会場でコ・ジュニは、強気に見られがちな見た目とは違って、実は臆病な方だと明かした。そんな彼女の心を動かしたのは他でもなくイム·サンス監督であり、彼の作品だったからこそできたと告白した。

コ・ジュニは、「怪我をするのが怖くて、アクションに挑戦をしなかったがイム・サンス監督とぜひ一緒にやりたくて挑戦した。アクションをしてみると、私とよくマッチしているようで面白かった。私は、殴るより受ける方が多かったにもかかわらず、楽しかった」とコメントした。

映画「私の親友悪党たち」は、ジヌ(リュ・スンボム)とナミ(コ・ジュニ)が偶然に発見したお金のかばんを手に入れ、これを取り戻そうとする一味に追われるストーリー。今月25日に韓国で封切りとなる予定だ。

この記事も一緒にどうぞ!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!

ページ上部へ戻る
Translate »