「淸潭洞アリス」パク・シフとムン・グニョンのキスシーンで視聴率アップ!

パク・シフの写真5日、SBSドラマ「淸潭洞アリス」で俳優パク・シフと女優ムン・グニョンのキスシーンが放送され、ドラマの最高視聴率を記録した。

視聴率調査会社によると、「淸潭洞アリス」は5日放送の第9話で15.2%の視聴率を記録し視聴率1位に輝いた。

先月23日に放送された第8話の視聴率10.9%より4.3%も視聴率がアップし、過去最高の視聴率であった第5話の12.5%よりも2.7%高い視聴率を記録した。

同日のドラマでは、ムン・グニョン演じる主人公セギョンがブランド会社アルテミスの会長ジャン・ティエルシャが自身を秘書だと名乗っていたスンジョ(パク・シフ)であるという事実を知ってからお互いの気持ちを確認、突然のキスシーンにまで発展し視聴者から大きな関心を集めることに成功した。

「淸潭洞アリス」はパク・シフ演じるスンジョとソ・イヒョン演じるユンジュが昔、恋人関係であったことや、父親との関係が明らかになり、今後の展開に注目が集まっている。

写真:SBSドラマ「淸潭洞アリス」


▼この記事もよく読まれています

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!





韓国ドラマVODランキング
ページ上部へ戻る
Translate »