「第4回アジアコンテンツアワード2022」オンライン配信視聴方法!チョン・ヘインがMCでNiziUがパフォーマンス披露のアジアコンテンツ授賞式をリアルタイムで


10月8日に韓国・釜山映画の殿堂野外劇場にて開催される『第4回アジアコンテンツアワード/Asia Contents Awards 2022(以下ACA)』の感動と興奮がリアルタイムで楽しめる、日本同時オンライン配信視聴チケットの販売が10月3日(月) 12:00からスタートする。

「第4回アジアコンテンツアワード2022」3年ぶりにオフラインで開催

ACAは、アジア全域の優秀なTV・OTT(動画配信サービス)・オンラインコンテンツを対象にした授賞式。
第4回となる今年はコロナ禍以来3年ぶりにオフラインでの開催となる。

10月8日の授賞式では、ベストコンテンツ賞、ベストアジアアニメ賞、俳優賞、新人賞、作家賞など12部門に加え、今年新設されたベストアジアドキュメンタリー賞、助演賞、ベストクリエイター賞の受賞が発表される。

「第4回アジアコンテンツアワード2022」の司会はチョン・ヘインとキム・セヨン

MCを務めるのは、「釜山国際映画祭」On Screenセクションの招待作「コネクト」に主演した俳優のチョン・ヘインと、2019ミスコリア真(グランプリ)出身で第1回かACAからMCを務めてきたキム・セヨンが英語での進行を担当し、多くの注目を集めるアジアコンテンツの授賞式を世界に届ける。

祝賀公演にはNiziU、Golden Child、デニー・チョンが出演!


また、授賞式に華を添える祝賀公演にアーティストとして、11月に東京ドームと京セラドームでの公演が発表されたNiziUが出演する。

また、2022年1月に待望の日本デビューを果たしたGolden Child、サキソフォニストのデニー・チョンの出演も決定している。

「第4回アジアコンテンツアワード2022」ノミネート俳優は誰?

先日発表された俳優賞のノミネートには、日本でも大ヒットした「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」で自閉症を抱える弁護士を演じたパク・ウンビン、Netflixオリジナルシリーズドラマ「新聞記者」で政治記者役を演じた米倉涼子、国税庁を舞台にした復讐劇「トレーサー」に主演したイム・シワン、TBS「TOKYO MER 〜走る緊急救命室〜」で頼れる救命救急医を熱演した鈴木亮平などの名前も。

またオンライン配信視聴が開始される16時からは、各賞にノミネートされた候補者が参加して行われるレッドカーペットイベントが行われる。
昨年の第3回ACAでNew Comer賞を受賞した俳優の森崎ウィンが英語でのMCを務め、森崎とアジアのトップスターたちとの交流にも期待が高まる。

『第4回アジアコンテンツアワード/Asia Contents Awards 2022』オンライン配信視聴チケットの販売は10月3日(月) 12:00からスタート。
日本にいながら、世界で存在感を増すアジアコンテンツの素晴らしさ、そしてコンテンツを作り出す俳優、出演者、製作陣の熱い思いをリアルタイムで感じることができる授賞式のオンライン配信視聴で楽しむことができる。

『第4回アジアコンテンツアワード/Asia Contents Awards 2022』配信チケット情報

日時:2022年10月8日(土) 16:00START
会場:映画の殿堂(釜山) 野外舞台
主催:アジアコンテンツアワードアカデミー
MC:チョン・ヘイン、キム・セヨン
祝賀公演出演:NiziU、Golden Child、Danny Jung (Saxophone)

配信視聴サイト:PIA LIVE STREAM
配信視聴チケット代金: 2,200円(税込)

【配信視聴チケット販売】
10月3日(月) 12:00〜開演30分前まで
チケットぴあ予約【公式】>>




関連記事

この記事へのコメント💬

  • 感想・推し愛コメントをどうぞ

  • コメント (0)

  1. ↓ この記事最初のコメントを書く

CAPTCHA