&TEAM(エンティーム)オフィシャルインタビュー!最終回(ファイナルラウンド)の感想や今後どんなグループになりたいか抱負と野望

©HYBE LABELS JAPAN

&TEAM(エンティーム)オフィシャルインタビュー!

フォトセッション終了後には&TEAMへのインタビューが行われた。司会進行はFINAL ROUNDに引き続き、日本テレビアナウンサーの辻岡義堂と、声優として活躍している木村昴さんが担当した。

デビューが決定した9名が登壇、FUMA(1998年6月29日)、EJ(2002年9月7日)、K(1997年10月21日)、NICHOLAS(2002年7月9日)、JO(2004年7月8日)、MAKI(2006年2月17日)、HARUA(2005年5月1日)、TAKI(2005年5月4日)、YUMA(2004年2月7日)が各々自己紹介をおこった。

続いてデビューが決まった喜びを誰に伝えたいかを聞かれると、

JOは「今までこの道を目指してから最初から応援してくれていた母と兄に伝えたいです」

YUMAは「家族、ファンの皆さん、友達です!」

FUMAは「ここまで支えてくれた家族に伝えたいです」と、放送からフォトセッション、インタビューへと忙しく移動し、まだデビューが決まったことを報告できていないメンバーの、はやる気持ちが伝わってきた。

15人でデビューに向けて準備してきた期間を振り返って、印象に残っていることを聞かれると、Kは「長かったようで短かった期間でした。15人が出会ってから半年ですが、1年くらい一緒にいた感覚です。容易なことばかりではありませんでしたが、みんなと共に過ごした、かけがえのない時間でした。今ここにいない6人の練習?もまた次の夢に向かって頑張っていくと思いますし、それに負けないように僕たちも頑張ります」と意気込みを語った。

NICHOLASは「準備した時間は?変なこともありましたが、15人みんなで練習したり、初めてのこともたくさん一緒に経験したりしたので、これからもみんなで頑張っていきたいです」と思い出を振り返った。

今日デビューが決定した5名に向けて、最終回(ファイナルラウンド)を振り返っての感想を聞かれると、HARUAは「この1日のために長い時間15人で練習してきたので、あっという間でした。今日は15人が世界で一番輝いていた日なのではないかなと思います」と、そしてMAKIは「今日まで本当に長い期間、練習してきました。今日、本番の舞台に上がる前は緊張していましたが、舞台が始まったら、終わるまでが早くて、最後は緊張が吹っ切れて楽しかったです」と思いを語った。

このような大切な日の前日の夜は眠れるのか、という木村昴さんの質問に、MAKIは「前日から緊張していたので、早く寝ないといけないのに、遅くまで起きてしまいました」と語った。

また、今?食べた朝食について聞かれて全員が考え込み、「&TEAMは意外と減量、食事に気をつけている練習量が多くて。後は記憶力が・・・」と笑いを誘った場面もあったが、Kは「おいしくコーヒーをいただきました」と、EJは「朝にコンビニでバナナを買って食べました」と答えた。

デビュー組に向けて、共にデビューする5名のメンバーが決定した瞬間について感想を聞かれると、EJは「まず、こんなに素敵なメンバーと一つのチームになれて本当に嬉しいし、これからこの8人とどんな幸せな時間を過ごせるか楽しみにしています。いろんなことを一緒にしていくと思うけど、これからもみんなで頑張りたいと思います」と、TAKIは「始まる前までは15人が普通だと思っていましたが、決まった時はこの9人でいくんだと実感が沸いて、このチメンバーで良いチームを作っていきたいと思います」と新たなスタートを切る覚悟を語った。

最後に、今後どんなグループ(アーティスト)になりたいかなど、これからの野望も含めての意気込みを全員が語った。

YUMA:「このオーディションが始まると決まった瞬間から、僕の気持ちやかけてきた時間、そして一緒に過ごしたメンバー、スタッフさん、ファンの皆さん、色々な人の想いを背負って、音楽を通して自分たちを表現し続けるアーティストになりたいです!」

YUMA/©HYBE LABELS JAPAN

TAKI:「家族のようなチームになりたいです。いつでもどんな時でも信頼しあい、助け合いながらファンの皆さんに感動を届けたいです」

TAKI/©HYBE LABELS JAPAN

HARUA:「グループ名となった&TEAM。&もTEAMも一人には使わない言葉です。僕たち9人が一つになって、ファンの皆さんや関わってくださったみなさんと『&』で僕たちとの絆を広げられたら、そんなグループになりたいと思います」

HARUA/©HYBE LABELS JAPAN

MAKI:「たくさんの人に影響を与えられるアーティスト、そして世界的に輝けるアーティストになりたいです」

MAKI/©HYBE LABELS JAPAN

JO:「自分たちの音楽で世界に羽ばたけるように、今のパワー感をいつまでも忘れずに、切磋琢磨しあえる仲間たちと世界で活躍したいです」

JO/©HYBE LABELS JAPAN

NICHOLAS:「皆さんに幸せを届けられるグループになりたいです」

NICHOLAS/©HYBE LABELS JAPAN

K:「まずは音楽とファンの皆さんに真摯に向き合えるチームになりたいです。もっと野望をいうとBTSさんのような韓国から世界に、というように?本からビルボード、さらにその先まで行けるように一つ一つ頑張っていきたいです」

K/©HYBE LABELS JAPAN

EJ:「今までみんなで同じ夢に向かってきましたが、これからも同じ目標に向かって、たくさんの方々に良い影響を与えられるよう
なグループになりたいです」

EJ/©HYBE LABELS JAPAN

FUMA:「今まで先輩のアーティストを目指して諦めずにここまで来られました。今度は僕たち&TEAMのようになりたいと言ってもらえるような輝くアーティストになりたいです」

FUMA/©HYBE LABELS JAPAN

最後にサプライズで&TEAMのデビュー日が発表された。
デビュー日は2022年12月7日(水)と発表され、&TEAMのメンバーたちは拍手をしながら「ありがとうございます!」と喜びを全身で表現。

このデビュー日を聞いた感想を聞かれると、Kは「12月7日を最高の日にできるように、今日から一生懸命、死ぬ気で頑張っていきます!」と意気込みを語った。

&TEAM(エンティーム)

上段左より、 K、 FUMA、 NICHOLAS、 EJ、 YUMA
下段左より、 JO、 HARUA、 TAKI、 MAKI
©HYBE LABELS JAPAN

「&AUDITION ‐ The Howling – FINAL ROUND」

実施日: 9月3日(土)
会場: 東京ガーデンシアター
登壇者: 「&AUDITION The Howling -」 参加者15名
● デビュー組 4名:K、NICHOLAS、EJ、TAKI
● 練習生11名:FUMA、HAYATE、JUNWON、YUMA、GAKU、JO、HIKARU、HARUA、MAKI、MINHYUNG、YEJUN

● プロデューサー:Scooter Braun(HYBE America CEO / SB Projects 創設者)、ZICO(アーティスト / プロデューサー) 、今井 了介(スペシャルプロデューサー) 、Pdogg(メンター)、ソン・ソンドゥク (メンター) 、Soma Genda(プロデューサー・サウンドディレクター) 、井上 さくら (パフォーマンスディレクター)

スペシャルゲスト:ENHYPEN

デビュー日
2022年12月7日

オーディション番組最終回で、最終選考の15名で初披露された新曲2曲を緊急リリース!
「Running with the pack」
「Melody」
2022.9.3(土)17:00 Digital Release




関連記事

この記事へのコメント💬

  • 感想・推し愛コメントをどうぞ

  • コメント (0)

  1. ↓ この記事最初のコメントを書く

CAPTCHA