チャウヌ、ドラマ「ワンダフルデイズ」チン・ソウォン役(犬が苦手な悲しいトラウマを抱える男)で主演!原作漫画とのシンクロ率にも期待

チャウヌ

写真:Fantagio

ASTROのチャウヌがドラマ「ワンダフルデイズ」で主役を演じることが明らかになった。

チャウヌが主演に抜擢されたのは、人気ウェブ漫画が原作のドラマ「ワンダフルデイズ」。

キスすると犬に変わる呪いにかかった女性と、その呪いを解くことができる唯一の人間だが犬が苦手な男性の間に巻き起こる予測不可能なファンタジーロマンスを描く。

この犬が苦手な男性チン・ソウォン役をチャウヌが演じる。
チン・ソウォンは、幼い頃のトラウマが原因で犬に恐怖を感じるようになってしまった男だ。
ハンサムでカリスマもあるが、その裏には悲しいトラウマを抱えている。
偶然の出会いがきっかけとなり、変化を遂げる人物だ。

大ヒットドラマ「女神降臨」をはじめ、「私のIDはカンナム美人」「新米史官ク・ヘリョン」など数々の作品で独自のキャラクターを演じてきたチャウヌが、新作ドラマでどんな新しい魅力を披露することになるのか注目が集まっている。

「女神降臨」ではスホ役のシンクロ率120%で視聴者をメロメロに…!

ドラマ「ワンダフルデイズ」は、10月から撮影がスタートする予定だ。




関連記事

この記事へのコメント💬

  • 感想・推し愛コメントをどうぞ

  • コメント (0)

  1. ↓ この記事最初のコメントを書く

CAPTCHA