Kep1er、韓国デビュー曲「WA DA DA」日本国内でのストリーミング1億回再生突破!デビュー曲で異例の快挙を達成


日本1stシングルで来月9月7日(水)に日本正式デビューが決定している、9人組グローバルガールズグループKep1erの韓国デビュー曲「WA DA DA」がBillboard JAPANチャートにおけるストリーミングの累計再生回数1億回を突破した。

「WA DA DA」はKep1erが2022年1月3日(月)にリリースした1st Mini Album『FIRST IMPACT』のタイトル曲。

全世界でTikTokでのダンスカバーが流行し、2022年上半期Billboard JAPAN TikTok Chartでは8位にチャートインした。

ストリーミング・ソング・チャートでは、2022年1月12日公開チャートで26位に初登場。

翌週には10位にランクアップし、4週連続でトップ10をキープした。今回の1億回突破は、チャートイン31週目での達成となる。

「WA DA DA」の日本国内でのストリーミング累計再生回数1億回突破は、K-POPのグループとしてはBTS、TWICEに続く3組目の快挙となり、デビュー曲で1億回再生の突破はK-POPアーティスト史上初。

さらに日本デビュー前のK-POPアーティストとしても初、2022年にデビューしたアーティストの中でも初というデビュー曲で異例ずくめの快挙を成し遂げた。

Kep1erは2022年1月に1st Mini Album『FIRST IMPACT』で韓国デビュー。

発売直後からグローバル音楽プラットフォームの上位チャートにランクインし、デビュー曲「WA DA DA」のMUSIC VIDEOはデビューから約3か月で1億回再生を突破。

6月に発売した2nd Mini Album『DOUBLAST』でも再び高いキャリアを記録し、デビューよりグローバルに躍進を続け、注目されてきた。

Kep1erは来月9月7日(水)に待望の日本デビューが決定しており、今月3日(水)からはJapan 1st Single より、タイトル曲「Wing Wing」(ウィンウィン)の先行配信もスタート。

日本オリジナル楽曲となる「Wing Wing」はKep1erにとって初の日本語歌唱曲だ。

華やかでかっこいいベースラインと壮大なブラスが引き立つ軽快でパワフルなリズムのダンスナンバーになっており、覚えやすい中毒性のあるサビと各メンバーの個性が感じられるエネルギッシュで爽やかなボーカルラインも見どころとなっている。

日本デビューを記念して、9月10日(土)、11日(日)に幕張メッセ 幕張イベントホールで「Kep1er Japan Debut Showcase Live 」の開催も決定している。

当初2回公演の予定だったが、申し込みが殺到し、多くのファンの期待に応えるかたちで急遽追加公演の開催も発表されている。

デビューより勢いが止まらない、グローバルワンピックKep1erの活躍に今後も注目したい。

Kep1er 케플러 l ‘Wing Wing’ M/V




関連記事

この記事も一緒にいかが?

この記事へのコメント💬

  • 感想・推し愛コメントをどうぞ

  • コメント (0)

  1. ↓ この記事最初のコメントを書く

CAPTCHA