ユ・ヒヨル冠番組「ユ・ヒヨルのスケッチブック」から降板で番組終了…坂本龍一の楽曲盗作疑惑の後味悪い顛末

ユ・ヒヨルのスケッチブック

写真:ユ・ヒヨルのスケッチブック

坂本龍一の楽曲盗作疑惑が日本のメディアでも報じられたユ・ヒヨルが13年パーソナリティーを続けてきたKBSの「ユ・ヒヨルのスケッチブック」から降板し、番組が終了することになった。

18日、ユ・ヒヨルは所属事務所であり自身が代表を務めるAntennaを通じて「まず、長期間に渡って私に関する論争でご迷惑をおかけしたことを、改めて心からお詫びを申し上げます」と謝罪した。

続いて「自身の番組活動に関する決定は、共に番組を作る制作陣をはじめ、多くの方々の(調整)時間が必要であったことから、(決定・報告が)遅くなった点について寛大なご理解をお願いします」とし、「これまでの数多くの状況を見つつ、自分自身を最初から振り返るようになりました。『音楽を楽しんでいた時間が否定されるようだ』という話に一番胸が痛みました。皆さまが感じる喪失感がどれほど大きいか、計り知れないほどです」と、盗作疑惑に起因した降板要求やファンの失望について遠回しに触れた。

ユ・ヒヨルは盗作疑惑について改めて「私は今提起されている盗作疑惑について同意し難い部分もあります。浮上しているほとんどの疑惑は、各自の見解と解釈であり、自分としては受け入れがたい部分があります」と自身の心境を伝えた上で「ただ、こういった論議がが二度と起きないように、より一層自分自身に厳しく、綿密にチェックします」と伝えた。

そして「『ユ・ヒヨルのスケッチブック』は第600回を最後に放送を終了します」と番組の終了を告げた。

ユ・ヒヨルは「13年3カ月という長い間、愛を送ってくださった多くの方々に心から感謝いたします。最後まで頑張ってくださった制作陣と関係者の皆さんにも心から感謝いたします」と視聴者そして制作関係者に感謝の気持ちを伝えた。

写真:Antennaが発表した報道資料

ユ・ヒヨルは今週内に「ユ・ヒヨルのスケッチブック」の最後の収録を終わらせる予定だ。

ユ・ヒヨルの盗作疑惑は先月14日にユ・ヒヨル自身が「『ユ・ヒヨルの生活音楽』プロジェクトの第2トラック『とても私的な夜』と坂本龍一の『Aqua』が類似しているという情報提供がありました。検討の結果、曲のメインテーマが類似していることを認めます」とAntennaの公式Instagramを通じて類似性を認め公式に謝罪したことから騒動に発展した。

ユ・ヒヨル とても私的な夜

坂本龍一 Aqua

日韓のマスコミが大きく報道し関心が集まる中、坂本龍一と「Ryuichi Sakamoto Social Project, Korea」を運営するIt Music Creativeが公式コメントを発表、

坂本龍一のコメント要約

・類似性はあるが、「Aqua」を保護するための法的措置が必要なレベルであるとは考えられない
・楽曲に対する彼(ユ・ヒヨル)の大きな敬意が見られた
・ユ・ヒヨルとファンの惜しみない声援に感謝
・ユ・ヒヨルのニューアルバムの幸運を祈り彼にとっての最高を祈っている

It Music Creativeの公式コメント要約

・様々な議論と憶測だけで広まっているこの状況が、ただただ残念
・坂本龍一側では、これ以上この問題が相次いで拡散されることを望んでいない
・SK D&Dの住居ブランド「EPISODE」とユ・ヒヨルさんの共同音楽プロジェクト「生活音楽」は、坂本龍一の音楽とは盗作問題から自由になった

とそれぞれが盗作疑惑について法的措置が必要なレベルではないと伝え、さらには「ニューアルバムの幸運を祈る」とユ・ヒヨルを応援した。

しかしその後も韓国内では論争が続いた。
ユ・ヒヨルは坂本龍一のメッセージ公開後も謝罪を続けたが、批判の声は収まらなかった。
「公共放送であるKBSの看板音楽番組のMCを盗作疑惑のある人間が務めるのはふさわしくない」と厳しい降板要求の声が相次いだのだ。

結局、ユ・ヒヨルは「ユ・ヒヨルの生活音楽」のLP盤と音源の発売を中止するとともに、13年間続けた冠番組を終了することになった。

2009年4月に放送スタートした「ユ・ヒヨルのスケッチブック」は「ユスケ」の愛称で親しまれ、これまで数々の旬のアーティストが出演、音楽を愛する人々に人気の番組だった。




関連記事

この記事も一緒にいかが?

この記事へのコメント💬

  • 感想・推し愛コメントをどうぞ

  • コメント (0)

  1. ↓ この記事最初のコメントを書く

CAPTCHA