【取材レポ】東京交通会館に“韓国食品館” “アンニョン韓国館”同時OPEN!大好きな韓国がいっぱい


JRや有楽町線の有楽町駅から各徒歩1分ほどの駅前のシンボルとして立っている東京交通会館B1Fに、初の海外アンテナショップ“韓国食品館” と“アンニョン韓国館”が6月17日に同時オープンした。

日本で韓国の街といえば新大久保が有名だが、東京の玄関口である東京駅からほど近い有楽町駅前にあるのは、移動やショッピングのついでに気軽に立ち寄って韓国気分が味わえるというのは嬉しい。

東京交通会館には全国各地のアンテナショップが立ち並ぶが、海外のアンテナショップは韓国食品館とアンニョン韓国館が初出店となる。両店舗には韓国で人気の食品や調味料がたくさん。各地方の特産物、お弁当、旬のスイーツや人気コスメなどがズラリとならびワクワクしてしまうほど。訪れるたびに新しい発見もあるかも?!

店内には、韓国でお馴染みの麺類、韓国のりやキムチ、調味料、スナックなど、沢山の人気商品が並んでいる。

韓国の人気コスメなど多数並んでいる。

「トゥンカロン」
韓国発祥のスイーツでクリームたっぷりの見た目もかわいい太っちょなマカロンの進化版。こちらの「DOUBLE SWEET」の「トゥンカロン」は100%アーモンド粉を使用したグルテンフリー、保存料や合成添加物を使っていいない優しい美味しさで、自分へのご褒美やお土産に喜ばれそう。本場韓国の工場でひとつひとつ大切に手作り、直送された本場の味が楽しめる。

韓国食品館 行き方地図と営業時間

東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館B1F
営業時間:10:30~19:30

販売商品(一部):お肉、お惣菜、キムチ・チャンジャ、ラーメン、
スープ、海苔、調味料、缶詰、お弁当、お菓子、ホットスナック、お酒、ジュース

アンニョン韓国館 行き方地図と営業時間

東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館B1F
営業時間:10:30~19:30

販売商品(一部):スイーツ、特産品、ドリンク、コスメ




関連記事

この記事も一緒にいかが?

この記事へのコメント💬

  • 感想・推し愛コメントをどうぞ

  • コメント (0)

  1. ↓ この記事最初のコメントを書く

CAPTCHA