キム・ヒョンジュン「Song for a dreamer」が橋本環奈主演映画『バイオレンスアクション』の挿入歌に!

バイオレンスアクション

©浅井蓮次・沢田 新・小学館/『バイオレンスアクション』製作委員会

累計発行部数50万部超え、オンラインアクセス数1,000万PV超えという圧倒的人気を誇る小学館「やわらかスピリッツ」で連載中の浅井蓮次と沢田新による「バイオレンスアクション」が実写映画化され、8月19日(金)から全国の映画館で公開されることが決定した。

「バイオレンスアクション」は、ピンクのショートボブでゆるふわな雰囲気の女の子・菊野ケイが日商簿記検定2級取得を目指し専門学校に通いながら、アルバイトをする日常を描く。
ただし、そのバイト先は指名制の殺し屋で、ケイはナンバーワン指名の実力を持つ超凄腕の殺し屋(ヒットガール)だったのだ。
どんな相手にも臆せずバイトとしてターゲット撃破を完遂し、バイトが終われば「おつかれさまー」と颯爽と現場を後にする。そんなゆるふわ最強ヒットガール・菊野ケイに史上最悪の依頼が舞い込んでくる…。

主人公の菊野ケイ役は橋本環奈が務める。
共演は、ケイに急接近するヤクザの会計士テラノ役に杉野遥亮、ケイに想いを寄せる同級生・渡辺役に鈴鹿央士、この他、馬場ふみか、森崎ウィン、大東駿介、太田夢莉といった豪華キャストに加え、佐藤二朗、城田優、高橋克典、ムービースター岡村隆史ら強烈俳優陣も出演している。

©浅井蓮次・沢田 新・小学館/『バイオレンスアクション』製作委員会

主題歌は、Alexandrosの「クラッシュ」であることが既に発表されているが、劇中音楽を担う超豪華アーティスト4組の挿入歌が発表され、その中にキム・ヒョンジュンに含まれることが明らかになった。

キム・ヒョンジュンは、挿入歌「Song for a dreamer」を書き下ろしている。

日本のメディアは、「韓国で俳優としても活躍する歌手」としてキム・ヒョンジュンを紹介、「Song for a dreamer」はエモさ抜群の楽曲だと伝えた。

写真:キム・ヒョンジュン

キム・ヒョンジュンは、
「バイオレンスアクション」の挿入歌に参加したことについて、「コロナ禍でなかなか日本にも行けない中、この映画に音楽で参加できてとても感謝しておりますし、楽しみながら書き下ろさせていただきました。

幼い頃から日本の漫画が大好きだった僕にこうして作品に参加できる機会を与えてくださり、出演者やスタッフの皆様をはじめ、監督、原作者、全ての関係者の方々に改めて感謝申し上げます」
とコメントした。

「バイオレンスアクション」

原作/浅井蓮次・沢田 新「バイオレンスアクション」(小学館「やわらかスピリッツ」連載中)
監督:瑠東東一郎
脚本:江良 至、瑠東東一郎

出演:
橋本環奈、杉野遥亮、鈴鹿央士、馬場ふみか、森崎ウィン、大東駿介、太田夢莉、猪塚健太、箭内夢菜、兵動大樹(矢野・兵動)、くっきー!(野性爆弾)、佐藤二朗、城田優、高橋克典、岡村隆史ほか

主題歌:[Alexandros]「クラッシュ」

挿入歌:
MAN WITH A MISSION「Tonight, Tonight」(ソニー・ミュージックレコーズ)
NOMELON NOLEMON「タッチ」(Sony Music Entertainment (Japan) Inc)
キム・ヒョンジュン「Song for a dreamer」(HENECIA MUSIC)
Fear, and Loathing in Las Vegas「Tear Down」(Victor Entertainment . inc.)

製作:「バイオレンスアクション」製作委員会 
制作プロダクション:ファインエンターテイメント
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

2022年8月19日(金)全国の映画館で公開!




関連記事

この記事へのコメント💬

  • 感想・推し愛コメントをどうぞ

  • コメント (0)

  1. ↓ この記事最初のコメントを書く

CAPTCHA