映画『ぼくの歌が聴こえたら』EXO・チャンヨルが30名のドラマーとコールドプレイ「A Sky full of stars」を演奏!本編映像公開

© 2021 STUDIO TAKE ALL RIGHTS RESERVED.

EXOのチャンヨルが映画初主演した『ぼくの歌が聴こえたら』の本編映像と場⾯写真2点が公開となった。

⽇本でも⼈気のダンスボーカルグループ、EXOのメンバーであるチャンヨルが映画初主演を果たした本作は、2021年3⽉29⽇の兵役直前に韓国で公開され、初登場1位を獲得。
デビュー前にバンド活動、EXOではラッパー兼サブボーカルを担当しているチャンヨルが、世界的ヒットソングの数々を⾃慢の低⾳ボイスで華麗に歌いあげている。

映画初主演のチャンヨルを⽀えるのは、『ワンステップ 君と僕のメロディ』(17)やNetflixで話題のゾンビアクションスリラードラマ『今、私たちの学校は…』(22)などで活躍するチョ・ダルファン。
監督は、2018年の平昌オリンピックの開幕式の演出を担当し、本作で映画初挑戦となるヤン・ジョンウン。

釜⼭の有名なリゾート地、海雲台のビーチでチャンヨルが30名のドラマーと共にコールドプレイ「A Sky full of stars」を披露!

本日公開となったのは、チフンが海雲台のビーチで30名のドラマーと共にドラムを打ち鳴らす様⼦が収められた本編映像。

© 2021 STUDIO TAKE ALL RIGHTS RESERVED.

チフンのピアノ演奏から始まり、ギターそしてドラムの演奏とつながり、満⾯の笑みでドラムを打ち打ち鳴らしていると、そこには30名ものドラマーと楽器隊が登場︕
ミンスと契約した10回のライブの最後の舞台である釜⼭(プサン)の海雲台(ヘウンデ)のビーチで彼らが演奏するのは、予告でも使⽤されているコールドプレイの「A Sky full of stars」。コールドプレイのヒットナンバーを様々な楽器を巧みに操り、さらに⾃慢の低⾳ボイスで華麗に歌い上げるチャンヨルに注⽬だ。

⽇本のファンが待ちに待った本作は、いよいよ本⽇シネマート新宿、ヒューマントラスト有楽町ほか全国で公開となった。

映画「ぼくの歌が聴こえたら」


出演︓
チャンヨル(EXO、『チャンス商会 初恋を探して』(15))
チョ・ダルファン(『ワンステップ 君と僕のメロディ』(17))

監督・脚本︓ヤン・ジョンウン

原題︓더 박스
英題︓THE BOX

提供︓ニューセレクト/配給︓アルバトロス・フィルム
© 2021 STUDIO TAKE ALL RIGHTS RESERVED.

6⽉10⽇(⾦) シネマート新宿、ヒューマントラスト有楽町ほか全国公開




関連記事

この記事も一緒にいかが?

この記事へのコメント💬

  • 感想・推し愛コメントをどうぞ

  • コメント (0)

  1. ↓ この記事最初のコメントを書く

CAPTCHA