OnlyOneOf 日本デビューライブをZepp DiverCity TOKYOにて開催しファン熱狂!

  • 2022/5/3
  • OnlyOneOf 日本デビューライブをZepp DiverCity TOKYOにて開催しファン熱狂! はコメントを受け付けていません


OnlyOneOf(オンリーワンオブ)が、日本デビューライブを5月2日、Zepp DiverCity TOKYOにて開催した。

彼らがかねてから待ち望んでいた日本でのデビューライブ。会場の日本のファンに見守られるなか、記念すべき日本で初のライブのオープニング曲は「angel (Prod. GRAY) (Japanese ver.)」でスタート。スタイリッシュな白のスーツで登場し、続けて「罪を許してほしい」と願う彼らの代表曲「sage」を披露し、オープニングの2曲で既に会場がOnlyOneOfの世界観に浸っていった。

途中トークコーナーやゲームコーナーを挟み、彼らの楽曲の世界観とは異なった各メンバーの初々しさや可愛らしさもトークに現れ、「日本が大好き」という思いが溢れる各メンバーのキャラクターがファンに愛されている理由と感じられた。

ライブ中盤では、5月18日に発売となるデビュー曲のカップリング曲で初ライブ披露となった「seamless mind」。

途中に入ってくるループするシンセのメロに中毒性のある彼らのサウンドの特徴を表した楽曲だ。ブリッジ映像後には紺色やグレーをベースとした大人なスーツに衣装をチェンジし、5月18日に日本デビューシングルとなる「suit dance(Japanese ver.)」が披露され、モダンでレトロなサウンドに、ジャケットとハンカチをモチーフとしたダンスとメロディアスで大人の愛を表現したミディアムナンバーで、ライブではその表現力が豊かにそしてよりリアルに伝わってくるパフォーマンスであった。

続けてOnlyOneOf史上最もアグレッシブなサウンドと言っても過言ではない「skinz」が登場。脳を刺激する重低音と、緊張と解放の楽曲構成も相まって独特の世界観に惹き込まれライブでこそ完成する楽曲であった。

後半では立て続けに彼らの代表曲「libidO」「savanna」が披露され、アンコールラストの曲「time leap」では、メンバーが改めてファンに感謝の気持ちと、今この空間でしか体感のできないファンとの大切な時間を惜しむような気持ちが楽曲に込められているようであった。

OnlyOneOfの初となる日本デビューライブは、“誰かのただ1つ” というメンバーの中に必ず推しが見つかるという意味が込められたOnlyOneOfというグループ名のように、改めてOnlyOneOfというアーティストの魅力と世界観に惹き込まれるのを体感できるデビューライブであった。

デビュー曲「suit dance(Japanese ver.)」の先行配信がスタートし、各音楽配信サイトでデジタルキャンペーンも実施され、ついに5月18日には、彼らの日本デビューシングル「suit dance(Japanese ver.)」が発売となる。

OnlyOneOfメンバーより


「この瞬間を待ち望んでました!日本のファンの皆さんが待ってくださっていたおかげで、僕たちはこうして皆さんにご挨拶ができました。応援してくださった分、かっこいい姿をたくさんお見せします!ありがとうございます!」

OnlyOneOf「suit dance(Japanese ver.)」ティザー映像




関連記事

この記事も一緒にいかが?

コメントは利用できません。