ソン・ガンホ、第75回カンヌ国際映画祭で韓国人俳優初の最優秀男優賞受賞!目を潤ませながら語った喜びのスピーチ内容は?

©2022 ZIP CINEMA & CJ ENM Co., Ltd., ALL RIGHTS RESERVED

第75回カンヌ国際映画祭におきまして、現地時間28日(土)夜(日本時間:29日未明)に「コンペティション部門」の授賞式が行われ、是枝裕和監督の最新作『ベイビー・ブローカー』の主演ソン・ガンホが最優秀男優賞を受賞した。

©2022 ZIP CINEMA & CJ ENM Co., Ltd., ALL RIGHTS RESERVED

現地時間5月26日(木)に行われた公式上映では、今回の映画祭出品作史上最長の12分にわたるスタンディングオベーションがおこり、割れんばかりの拍手喝采で観客を魅了、会場全体が感動に包まれ、受賞への期待が高まっていた本作。

授賞式では、審査員長のヴァンサン・ランドンをはじめ、アスガー・ファルハディ、ジェフ・ニコルズ、レベッカ・ホール、ディーピカー・パードゥコーン、ノオミ・ラパス、ジャスミン・トリンカ、ラジ・リ、ヨアキム・トリアー監督らが選ぶ「最優秀男優賞」に見事選出され、隣に着席していたカン・ドンウォン、是枝裕和監督らと熱い抱擁を交わした後、壇上へ上がった。

ソン・ガンホのスピーチ

ソン・ガンホは、
「本当に有難うございます。光栄です。

偉大なる芸術家、是枝裕和監督に深く感謝申し上げます。一緒に頑張ってくれた役者のカン・ドンウォンさん、イ・ジウンさん、イ・ジュヨンさん、ペ・ドゥナさんに深い感謝と、この光栄を分かち合いたいと思います。イ・ユジン代表、そしてCJの関係者の方にも本当に感謝しています。

今、2階にいると思いますが、愛する家族と共に来ました。本当に大きなプレゼントになりました。とても嬉しいですし、このトロフィーの光栄と永遠なる愛を差し上げます。

多くの映画ファンにこの栄光を差し上げます。」
と目を潤ませながら喜びのスピーチをした。

©2022 ZIP CINEMA & CJ ENM Co., Ltd., ALL RIGHTS RESERVED

カンヌ国際映画祭において、韓国人俳優が「最優秀男優賞」を受賞するのは初となる快挙だ。

さらに、是枝裕和監督作品がカンヌ国際映画祭で同賞を受賞するのは、2004年に『誰も知らない』で柳楽優弥が受賞して以来2度目となる。

なお、是枝監督は、本作品で「エキュメニカル審査員賞」(カンヌ国際映画祭の独立賞で、キリスト教関連の団体から「人間の内面を豊かに描いた作品」に与えられる)を受賞しており、本賞と合わせて2冠の快挙となる。

第75回カンヌ国際映画祭

開催期間:5月17日(火)~5月28日(土)

世界中から選りすぐりの映画、そして映画人が集結する世界最大級の国際映画祭。今年は、コンペティション部門の審査員長にフランスの俳優ヴァンサン・ランドン(『TITANE/チタン』※第74回カンヌ国際映画祭パルムドール受賞作)を迎えた。今年「コンペティション」部門に選出されたのは計21本。現地時間28日の授賞式で、各賞が発表された。

『ベイビー・ブローカー』映画情報

■監督・脚本・編集:
是枝裕和『万引き家族』

■出演:
ソン・ガンホ、カン・ドンウォン、ペ・ドゥナ、イ・ジウン(IU/アイユー)、イ・ジュヨン

■製作:CJ ENM
■制作:ZIP CINEMA
■提供:ギャガ、フジテレビジョン、AOI Pro.
■配給:ギャガ
©2022 ZIP CINEMA & CJ ENM Co., Ltd., ALL RIGHTS RESERVED
6月24日(金) TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー




関連記事

この記事も一緒にいかが?

この記事へのコメント💬

  • 感想・推し愛コメントをどうぞ

  • コメント (0)

  1. ↓ この記事最初のコメントを書く

CAPTCHA