パク・ボゴムがクローン役で新境地を開拓の映画『SEOBOK/ソボク』コン・ユとイ・ヨンジュ監督から絶賛コメント到着

c2020 CJ ENM CORPORATION, STUDIO101 ALL RIGHTS
RESERVED

「今までなかったキャラクターで悩み研究しながら演じた」
「芝居に迫力があった」コン・ユ、
「見たことのないパク・ボゴムを届けたい」監督も大絶賛!

人類初のクローン・ソボクを演じたパク・ボゴムのコメントと場面写真が公開、さらに、共演したコン・ユと、イ・ヨンジュ監督からのボゴムに対する絶賛コメントも到着した。

余命宣告を受けた元情報局エージェント・ギホン。
死を目前にし明日の生を渇望する彼に、国家の極秘プロジェクトで誕生した人類初のクローン・ソボクを護衛する任務が与えられる。

だが、任務早々に襲撃を受け、なんとか逃げ抜くもギホンとソボクは2人だけになってしまう。危機的な状況の中、2人は衝突を繰り返すも、徐々に心を通わせていく―

しかし、人類の救いにも、災いにもなり得るソボクを手に入れようと、闇の組織の追跡は更に激しくなっていく― 。

死を目の前にした元情報局エージェント・ギホンを演じるのは、『新感染 ファイナル・エクスプレス』『82年生まれ、キム・ジヨン』など出演作を必ずヒットに導く韓国映画界のトップスター、コン・ユ。

死ぬことのない永遠という時間の中に閉じ込められた人類初のクローン・ソボク役には青春スターとして圧倒的な人気を誇るパク・ボゴム。

監督は『建築学概論』のイ・ヨンジュがつとめ、本国では今年最大の話題作として注目を浴び、初登場NO.1を記録!“死ぬことのない”クローンと“死から逃れられない”男。

対極の定めを生きる2人が、互いのために宿命に抗い、行き着くクライマックスに涙が止まらない―。

c2020 CJ ENM CORPORATION, STUDIO101 ALL RIGHTS
RESERVED

c2020 CJ ENM CORPORATION, STUDIO101 ALL RIGHTS
RESERVED

ドラマ「恋のスケッチ?応答せよ1988」の天才囲碁棋士チェ・テク役でスターダムにのし上がった後、「雲が描いた月明り」の 王子イ・ヨン役などで、韓国のみならずアジア全土を魅了してきた青春スター パク・ボゴム。

『コインロッカーの女』以来5年ぶりのスクリーン復帰作であり初主演となる本作で、人類初のクローンという難しい役に挑戦した。

「今までなかったキャラクターだ。映画の中でソボクが選択すべき瞬間、僕ならどうするかずっと悩み研究しながら演じた。」と語り、難しい役柄に挑戦したパク・ボゴムの演技への情熱を推察させる。

生まれて初めて外の世界と出会ったソボクの天真爛漫な表情から、自身を狙う勢力に向ける鋭い目つきに至るまで、刻々と変わる感情を動物的な感覚で表現した。

今回初共演となったコン・ユは、ボゴムについて「最高だった。だってパク・ボゴムですよ」と大絶賛。

「芝居に迫力があって、スタッフたちも感嘆していた。ソボクはボゴム以外考えらえれない。」と、韓国映画界のトップスターも太鼓判を押す。

さらにイ・ヨンジュ監督はボゴムの起用について「ソボクのイメージや年齢等さまざまな面で最もふさわしく、他に代案のない俳優だった」とコメント。

撮影については、「動物的な俳優で、瞬間的な集中力とエネルギーに撮影中も驚くことが多かった。今まで見たことない新しいパク・ボゴムの姿をお見せできる」と語った。

純粋な子供のような姿から冷たい目つきまで、感情の振幅が大きいキャラクターを繊細に演じたパク・ボゴムが、スクリーンでかつてない強烈な姿を観客に披露する。

映画『SEOBOK/ソボク』


出演:
コン・ユ『新感染 ファイナル・エクスプレス』
パク・ボゴム 「青春の記録」
監督:イ・ヨンジュ『建築学概論』

2021年/韓国/カラー/シネマスコープ/DCP5.1ch/114分/原題:??
c2020 CJ ENM CORPORATION, STUDIO101 ALL RIGHTS RESERVED
配給 クロックワーク

2021年7月16日(金)より新宿バルト9ほか全国ロードショー




ページ上部へ戻る