NU‘EST ベクホ&Lovelyz Kei が送る甘く切ないハーモニー!韓国ミュージカル『タイヨウのうた』デジタルシングル Part.3公開!

© SHINs WAVE

韓国ミュージカル『タイヨウのうた』デジタルシングルPart3が、5月10日(月)正午、音楽配信サイトにて公開となった。

今回公開されたミュージカル『タイヨウのうた』デジタルシングルPart.3は、NU‘EST ベクホのソロ曲『太陽が沈んだら会いに行くよ』と Lovelyz Keiとのデュエット曲『Good-Bye Days』の2曲。

ソロ曲『太陽が沈んだら会いに行くよ』は、甘美なピアノの旋律と「ヘナ」に向けられた甘い告白が込められた楽曲となっており、ベクホの柔らかな歌声が心に響く告白ソングとなっている。
5月22日(土)の初公演を控えて先行公開されたベクホの『太陽が沈んだら会いに行くよ』は、今までとはまた違った「ハラム」として、「ベクホ_ハラム」への期待感を一層引き上げている。

また、同時公開されたKeiとのデュエット曲『Good-Bye Days』も「ハラム」と「ヘナ」二人の想いが見事なハーモニーで表現されている。
本楽曲は、2006年に日本で公開された映画『タイヨウのうた』のメインOSTを、ミュージカルの「ハラム」と「ヘナ」の視点に合わせてリメイクされたもので、初恋のつたなさを歌う二人の甘く切ないケミが感じられる楽曲に仕上がっている。

すでに「ハラム」役のSHINeeオンユ、DAY6ウォンピル、チョ・フン、GOT7ヨンジェと息のあった舞台で、観覧客から「ベテランミュージカル俳優に引けを取らない発声と演技力」、「完成度の高いキャスティング」と賞賛を受けるKeiと、力強さと高い歌唱力をもつベクホとの息のあった姿は、新たなときめき届けることになる。

真夜中の月明かりの下で歌う少女「ヘナ」が、真昼の太陽のように眩しい少年「ハラム」と出逢い、人生で最も輝く太陽のうたを歌う瞬間を描いた、切ない初恋物語ミュージカル『タイヨウのうた』は、韓国・ソウルのクァンリムアートセンターで上演中だ。

また、世界147カ国リアルタイムで世界中のどこからでもオンラインライブストリーミングで楽しむことができる。

太陽が沈んだら会いに行くよ(ベクホ)
作詞:キム・ハンソル
作曲:ハン・ボラム
編曲:1DIVISION /キム・ナムフン
MIDI PROGRAMMING:1DIVISION

♪ Good-Bye Days (ベクホ&Kei)
作詞/作曲:YUI
翻訳:キム・ハンソル
編曲:1DIVISION /キム・ナムフン
MIDI PROGRAMMING:1DIVISION

© SHINs WAVE

『タイヨウのうた』あらすじ

© SHINs WAVE

熱い太陽の下、サーフィンを楽しむ少年ハラム。
ある日、暗い月明かりの下ギターを弾き歌う少女ヘナと出会う。
「いつも見ていたの。彼氏はいない。」
突然の告白に慌てるハラムは、
たちまちのうちに純粋に夢を歌うヘナに心ときめき惹かれはじめる。
「太陽が沈んだら会いに行くよ」
難病のために太陽を避けなければならないヘナの秘密を知らないまま、
夜になるとヘナとの甘いデートを楽しむハラム。
しかし、体に異常を感じたヘナは、ハラムのそばを離れることを決心するのだが・・・
太陽のように眩しい少年への告白、
美しい初恋の歌が繰り広げられる!




ページ上部へ戻る