BoA(ボア)の兄クォン・スヌク監督、応援メッセージに感謝の気持ち伝える

クォン・スヌク監督
BoA(ボア)の兄でがん闘病中であることを明らかにしたクォン・スヌク監督が、多くの人々から送られた応援に感謝の気持ちを伝えた。

12日、クォン・スヌク監督はインスタグラムに「たくさんの応援ありがとうございます。おかげで本当に多くの元気をもらい、治療はの苦痛はひどいですが、いただいたパワーで最大限一生懸命耐えてみようと思います。心から感謝します」というメッセージの画像を公開した。

また、クォン・スヌク監督は画像とともにコメントも書き込んだ。

クォン・スヌク監督は「正直言って、こんなにも多くの方々が応援して下さるとは全く思っていませんでしたし、治療の事例やいろいろな病院、教授について推薦していただけるとも思っていませんでした。腹膜がんの完全寛解事例もあり、私もすぐにこのまま死にたい気持ちは全くないのに、医者がなぜそんなに冷たいのか分かりません」と書いた。

続いて
「『この病気が良くなるとでも思っていますか?この病気は良くなる病気ではありません』
『坑がん治療を始めて、良くなったことがありますか?ただ悪化する症状を遅らせるだけです』
『最近坑がん剤を変えましたが、この薬でも耐性ができてしまうと、そろそろ心の準備をしていただかないといけないかも…。身辺整理からそろそろ始めてください』
『患者の医師が強いことは分かっていますが、あれこれ試して体に苦痛を与えるのではなく、ただ楽に最期の時を迎えられるように、抗がん剤の効果があることを願うだけのほうが…』
それぞれ、別の医者に聞いた話です」と医者から言われた言葉を明らかにした。

そして、「最近入院した時、そして別の病院の外来に行った時、私の心を深く傷つける言葉を私の面前であんなふうに平然とおっしゃられるので、全くまともな精神状態で生きることができない時間でした」と当時、感じた絶望感を綴った。

しかし、クォン・スヌク監督はたくさんの応援メッセージをもらい気持ちが変わったと伝えた。

「皆さんの応援とアドバイスで最後まで最善を尽くして、あれこれ全部試してみることにしました」と励まされ勇気を得たことを明かしながら「心からありがとうございます」と感謝の気持ちを伝えた。

クォン・スヌク監督
ミュージックビデオ監督として活躍するクォン・スヌク監督はBoAの2人いる実兄のうち2番目のお兄さんだ。

BoA(ボア)の大活躍により、BoA(ボア)の家族にもスポットライトがあたり、これまで家族写真が公開されたことも多く、クォン・スヌク監督はBoA(ボア)の実兄として注目を集めたこともあった。

これまでクォン・スヌク監督は、SMエンターテインメント所属歌手はもちろん、数多くの様々なジャンルのミュージックビデオを手掛けており、クォン・スヌク監督が病気に打ち勝つよう願うメッセージが世界中から寄せられている。




ページ上部へ戻る