バラード曲が軒並み大ヒット!ポール・キム、日本公式ファンクラブオープン!立命館アジア太平洋大学留学経験で実は日本語ペラペラ

バラード曲で人気を集めるポール・キムが、年会費制と月会費制の日本公式ファンクラブを3月2日(火)17時にオープンした。

ポール・キムは、2014年01月に自作曲のシングル「Would You Like a Cup of Coffee?」で韓国デビューしたソロアーティスト。
2016年に「Rain」を発売すると、その歌声で多くの人の心を掴む「鼓膜彼氏」として話題を呼ぶように。

その2年後の2018年には、人気女優キム・ソナ主演の大人のラブストーリー「ロマンスは必然に」のOST「Every Day , Every Moment」が大ヒットし一気にトップアーティストの仲間入りを果たした。

多くの楽曲をロングヒットさせているポール・キムの楽曲の中でも 「Every Day , Every Moment」は、韓国の主要音源サイトMelonで2018年年間チャート3位、Gaon2018年年間チャート3位を記録すると、翌2019年のMelon年間チャート5位、Gaon年間チャート3位を記録し、史上初の2年連続年間チャートTOP10入りした曲に。

当時、韓国の街中でしょっちゅう流れていた大ヒット曲

さらに、Gaonチャートでは2020年6月に3億ストリーミングを突破し、初のトリプルプラチナ楽曲として認定されている。
また、「Rain」は雨が降ると聞きたくなる曲の定番曲となり、雨の降るたびにチャートが急上昇する曲としても有名だ。

その後も、2018年10月に発売された「Me After You」が、地上波音楽番組で1位を獲得しMelonチャートで11月月間チャート1位を達成すると、その後1年以上40位圏内を維持。名実共にロングラン音源強者アーティストであることを証明した。

その後もIUとヨ・ジングが主演したファンタジーロマンスドラマ「ホテルデルーナ 〜月明かりの恋人〜」のOST「So Long」や、イ・ミンホとキム・ゴウンが共演したドラマ「ザ・キング」のOST「Dream」をはじめ、多くの韓国ドラマのOSTにも参加している。

2020年10月に発売された「Hangover」ではポール・キム本人が作詞に参加し、発売直後に主要音源サイトでチャート1位を獲得。
2月25日リリースされた最新曲「Love Letter」は、ポール・キムの自作曲でピアニストのチョ・ユンソンが編曲とピアノ演奏に参加した美しい旋律のバラード曲で、韓国の音源サイトgenie、Bugs、Melonで1位を記録。

また、3月12日〜14日、ソウルの世宗文化会館で開催予定の単独コンサートも全てソールドアウトするなど、バラードアーティストとして多くのファンの心を掴み続けている。

そんなポール・キム、実は日本留学経験もあり(※立命館アジア太平洋大学で経営を専攻していた)日本語が堪能だ。
今回の日本公式ファンクラブの開設を機に、日本のファンとも積極的に交流していきたいという。
今後、日本公式ファンクラブでは様々なコンテンツが準備される予定とのことだ。

Paul Kim Japan Official Site

年会費:入会金1,100円+年会費5,500円
※別途事務手数料として+440円

コンテンツ:Gallery、Movie、Mail Magazine、会員証、入会特典、継続特典

URL:https://paulkimjpfc.com

月会費制 月会費:440円
コンテンツ:Gallery、Ticket、Blog、Movie、Birthday Mail、Mail Magazine、デジタル会員証

URL: :https://paulkimjpmobilefc.com




ページ上部へ戻る