BTS(防弾少年団)所属のBig Hitエンタ、新社名「HYBE(ハイブ)」を公式発表!豪華な新社屋も公開

HYBE(ハイブ)

写真:HYBE(ハイブ)のロゴ

BTS(防弾少年団)の所属事務所として、今やトップクラスの芸能事務所となったBig Hitエンターテインメントが新たな社名「HYBE(ハイブ)」を公式発表た。

19日午前11時、Big Hitエンターテインメントは公式YouTubeチャンネルを通じて、新しい会社名などを告知する発表会「NEW BRAND PRESENTATION(ニューブランドプレゼンテーション)動画を公開した。

動画内では所属グループであるBTS、TXT、ENHYPEN、SEVENTEEN、GFRIEND、NU’ESTなども映し出されファンの関心を誘った。

Big Hitエンターテインメントのパン・シヒョク代表は「私たちは音楽、アーティスト、エンターテイメントに対する理解をもとに、より多くの領域で境界のない音楽の変奏を試みています。私たちが行っていることを説明するのに『Big Hitエンターテインメント』という名前では限界があると考えました」とし、「すべての事業をカバーし、同時につなげて拡張できる構造のシンボルとして、新しい社名が必要だと考えました」と社名変更に至る理由を説明した。
社名は「接続」「拡張」「関係」を象徴しているという。

パン・シヒョク代表は、「Big Hitを入れるより大きな器ができたと考えていただきたいです。Big Hitミュージックという一つのレーベルで今のアイデンティティを受け継いでいく予定です」とし、Big Hitエンターテインメントは、レーベル「Big Hitミュージック」に引き継がれることを明らかにした。

HYBE(ハイブ)の社屋

写真:HYBE(ハイブ)

またソウル市 龍山(ヨンサン)に位置する豪華な新社屋も公開し注目を集めた。

新社屋にはフラットな雰囲気で自由にコミュニケーションを取れるワークスペースや、空中庭園、フィットネスセンターなどがあり、快適な社内環境を伺わせた。

今回の社名変更により、「HYBE(ハイブ)」は、「BTSが所属する芸能事務所」というイメージから脱却し、エンターテインメント事業を総合的にカバーするプラットフォーム企業としての飛躍を予告した。




ページ上部へ戻る