新沙洞の虎(シンサドンホレンイ)プロデュースのガールズグループTRI.BE(トライ・ビー)、デビューシングル『TRI.BE Da Loca』をリリース!

  • 2021/2/18
  • 新沙洞の虎(シンサドンホレンイ)プロデュースのガールズグループTRI.BE(トライ・ビー)、デビューシングル『TRI.BE Da Loca』をリリース! はコメントを受け付けていません


韓国から世界へ羽ばたく注目のガールズ・グループ、TRI.BE(トライ・ビー)が2月17日に2曲入りデビューシングル『TRI.BE Da Loca』をデジタルリリースした。

ユニバーサル ミュージック グループとしては初の本格アイドルとなるTRI.BEは、最も完璧な形と言われる「三角形(=トライアングル)」と「存在(=ビーイング)」から名付けられた。「GIRL SWAG」「SELF-CONFIDENCE」「YOUNG&FRESH」というコンセプトを打ち出す彼女たちのサウンド面をプロデュースするのはK-POP界きっての人気プロデューサー=新沙洞の虎(シンサドンホレンイ)ことS.TIGER。

メンバーは7人で、韓国出身の4人(ヒュンビン、ジナ、ソンスン、ソウン)、台湾出身の2人(ケリー、ジア)と、日本出身の1人(ミレ)という多国籍な構成。その中でも日本人のミレは現在14歳という最年少メンバーである。

メンバーはデビューシングル『TRI.BE Da Loca』について、「私たちはまだ生まれたばかりの子犬だけど、人からどう思われどう見られるかを、恐れていない、ということを表現している。

リード曲の 「DOOM DOOM TA」は、皆さんがパワフルな気持ちになってくれることを願っています。」とコメントしている。
楽曲リリースと同時に公開されたミュージック・ビデオでは、印象的なトライアングルのモチーフとともに、彼女たちのコンセプトでもある「GIRL SWAG」を、アート、歌やダンスで存分に表現している。

実力だけでなく、個性溢れる魅力を兼ね備えたメンバーで構成された彼女たち。今年1月にデビューが正式発表されるや、「OMG!!カッコいい」、「早く聴きたい!」という声が聞かれるなど日本のK-POPファンの中でも話題となっており、グローバルな音楽市場で活躍が期待される存在として、早くも注目を集めている。

「DOOM DOOM TA」 MV

TRI.BE デビューシングル


『TRI.BE Da Loca』
2021年2月17日デジタルリリース

収録曲
「DOOM DOOM TA」
「Loca」




関連記事

コメントは利用できません。