GOT7 マークの父親「JYP事務所冷遇」まとめ記事に「真実…」と返信で注目集まる

写真:GOT7「Breath of Love : Last Piece」

GOT7のメンバー全員が再契約をせず、JYPエンターテインメントを去ることが公式に発表された中、JYPエンターテインメントの冷遇説が注目を集めている。

米国を拠点とする英語圏向けの大手K-POP情報サイトAllkpopに、「JYPエンターテインメントはワールドワイドスターGOT7にどのような不当待遇をおこなったか」というタイトルで、事務所からの冷遇内容の記事が掲載された。
この記事を紹介するTwitterのつぶやきに、マークの父親として有名なRaymond Tuan氏が「The Truth…(真実)」とコメントを返した。

写真:AllkpopのTwitter

記事内では、

  • 有能なプロデューサーで作曲家でもあるJBは、J.Y.Park(パク・ジニョン)に自作曲を5秒も聴かずに突き返された。
  • マークが、ライブ配信中にスタッフにお箸を頼むも、スタッフは使用済みの箸を渡し、結局、マークは素手で食べた。
  • 別のライブ配信では、スタッフが衣装を理由に配信をストップさせ、メンバーがファンと自由に交流できなかった。
  • GOT7のプロモーションが不十分だった。「DYE」のプロモーション活動はたったの2週間だけ。2020年4月20日に活動を始め5月3日には終了した。
  • 2020年11月のアルバム「Breath of Love : Last Piece」のプロモ活動はさらにそれよりも短かった。
  • 活動の空白期間が長く、マークとジニョン7か月間ほとんど何もできなかったと訴えたほどだった。
  • 「同僚が話しを聞いてくれず、扱いがひどい」と相談するファンの手紙に、ジニョンが「JYPで働いてる?僕たちの誰かが書いた?」と回答。
  • これらは冷遇事例の一部にすぎない。
  • といった内容が書かれていた。

    当初は、Allkpopの公式記事ではなく、「User Post(ユーザー投稿)」とタイトルにある投稿記事であることから信憑性が不確かであったが、87万人以上のフォロワーを有するマークの父親Raymond Tuan氏が「The Truth…(真実)」とレス(返信)をしたことで、ファンの間で所属事務所の冷遇やJYPとの不仲説に火がつくことになった。
    (※尚、11日に書き込まれたRaymond Tuan氏のレスは13日現在も削除されていない)

    もともとファンの間では「GOT7の放置がひどい」「GOT7の扱いがTWICEやNiziUに比べて雑すぎる」と言われていた。

    特に昨年11月に約2年ぶりにフルアルバム「Breath of Love : Last Piece」でカムバックした際には、通常であれば深夜0時に公開されるMVティザーが結局最後まで公開されることはなかった。
    また、オンラインショーケースも開催されず、ファンを激怒させていた。




    ページ上部へ戻る