キュヒョン、KAI主演 Kミュージカルシネマ『ウェルテルの恋』20周年記念公演、日本語字幕付きで配信決定!本日チケット発売開始


8月に配信された『モーツァルト!』、11月配信予定の『エクスカリバー』に続き、第3弾となる韓国ミュージカル『ウェルテルの恋』が、12月5日(土)、12月6日(日)の2日間、オンライン配信動画サービス「PIA LIVE STREAM」にて配信となることが決まった。

『ウェルテルの恋』は、アジア最大級の音楽授賞式「MAMA(Mnet Asian Music Awards)」や世界最大級のK-Cultureフェスティバル「KCON」等を主催している韓国のエンターテイメント企業CJ ENMが制作したオリジナル作品だ。

ゲーテの小説『若きウェルテルの悩み』を原作に、韓国で初演から20周年を迎えた韓国の代表的な創作ミュージカルで、2000年の初演から現在まで30万人以上の人々に愛されてきた。
2013年には日本でも初披露されている。

主人公のウェルテル役を演じるのは、ウェルテルを何度も演じてきたオム・ギジュン、気品ある美声で人々を魅了するKAI、テレビドラマでも活躍し国民的清純男子と呼ばれるユ・ヨンソク、SUPER JUNIORのメンバーとしても活動するキュヒョン、そして注目の新人俳優ナ・ヒョヌ
20周年記念公演にふさわしい実力あるキャストたちが、タイトルロールを完成させた。

オム・ギジュンの取材レポ

ユ・ヨンソクの取材レポ

今回の日本配信では、10月公演の中から、ミュージカル俳優として11年目を迎えたキュヒョンと、ミュージカル俳優としてだけではなくさまざまな活動をしているKAIの回が配信される。

確かな歌唱力で数々のミュージカルで活躍してきたキュヒョン

チケットは、11月13日(金)より発売開始となった。記念すべき感動の大作をぜひお見逃しなく!

~韓流ぴあ Presents Kミュージカルシネマ~
ミュージカル 「ウェルテルの恋」 オンライン配信

◎日程 : 2020年 12月 5日(土) ~ 12月 16日(日)
◎チケット発売期間:2020年11月13日(金)10:00~
◎配信チャンネル : PIA LIVE STREAM

 ●PIA LIVE STREAM
12月5日(土) 13:00~16:00 KAI
12月5日(土) 19:00~22:00 キュヒョン
12月6日(日) 13:00~16:00 キュヒョン
12月6日(日) 19:00~22:00 KAI

◎出演者 : キュヒョン、KAI

◎料金:
1公演 5,800円(税込)
2公演パッケージ 7,500円(税込)
※1購入1ビュー

◎主催:ぴあ(株)/ 協力:CJ ENM co., Ltd
チケットぴあ予約【公式】>>

【作品紹介】
『ウェルテルの恋』
ミュージカル『ウェルテルの恋』は、ウェルテルとシャルロッテの崇高な愛の物語を扱ったゲーテの小説『若きウェルテルの悩み』が原作。

キャラクターとの高いシンクロ率と演技力を持った俳優たちが集まった20周年公演は、一つの水彩画のような舞台と、バイオリン、チェロ、ヴィオラなどの弦楽器を中心に室内楽オーケストラが演奏する叙情的な旋律が特徴的だ。

フォーマット化された西洋のミュージカル技法とは違い、ストーリーや舞台などが韓国の感性に合わせて作られ、創作ミュージカルの一線を画した力作と評価されました。韓国を代表するクラシック音楽と位置づけられている。
ミュージカルのメッカであるニューヨークのブロードウェイ、ロンドンのウエストエンドでも一つの作品が20年間リバイバルされたものは、数えるほど。
特に2000年代のミュージカル興行ブーム以降、韓国ミュージカル市場に出てきた数々の創作・ライセンス作品の中でも、『ウェルテルの恋』は、創作ミュージカルとして長い期間愛され、グローバルコンテンツとしても成長したリーダー的な作品だ。

【キャスト紹介】
キュヒョン
2006年SUPER JUNIORのメンバーとして活動を始める。2010年に初主演した『三銃士』で注目される。
『笑う男』『モーツァルト!』『あの日々』など、深みのあるキャラクター分析からくる繊細な演技で、観客と評論家から高い評価を受けてきた。『ウェルテルの恋』は、2015年に続き2度目の舞台となる。

KAI
2008年ミュージカルデビュー。『ファントム』『レベッカ』『ベンハー』『エクスカリバー』『フランケンシュタイン』など、
さまざまな大作ミュージカルに出演している実力派ミュージカル俳優。
『ウェルテルの恋』を通じて、純粋な心と熱い情熱を持つウェルテルを表現し、新たな一面を披露する。
今まで見たことのないロマンチストなウェルテルの誕生に期待。




ページ上部へ戻る
error: 右クリックはできません