国民的ベテラン俳優イ・スンジェ、元マネージャーへのパワハラ疑惑騒動について公式に謝罪

イ・スンジェ

写真:SG演技アカデミー
イ・スンジェはSG演技アカデミーの院長でもある

ドラマや映画でお馴染みの韓国の国民的ベテラン俳優イ・スンジェが、先月浮上したマネージャーに対するパワハラ疑惑について公式に謝罪した。

騒動のきっかけはSBSのニュース報道

先月29日、SBSの夜のニュース番組「8ニュース」は、イ・スンジェのマネージャーとして2か月間働いたキム氏が、ゴミの分別やミネラルウォーターの運搬、靴の修理、家族の雑用などマネージャー業務とは関係のない業務までするように指示され、使用人のように働かされ、これに反発すると、不当解雇されたと報道した。

さらにキム氏が1週間に平均約55時間働きながらも月給はわずか180万ウォン台で、4大保険にさえ加入していなかったと主張し、大きな波紋が広がった。

イ・スンジェの所属事務所は当初法的対応を示唆

「8ニュース」の報道翌日である30日、イ・スンジェの所属事務所のエスジーウェイエンターテインメントは、「SBSの報道内容は多くの部分が事実とは異なって歪曲されており、偏って報じられている」とのコメントを伝えた。

そして今後公式の立場を整理してから発表するとした上で、「イ・スンジェはこれまで60年間、俳優として活動しながら、芸能界の模範として、また俳優としても素晴らしい道を歩んで来た。この報道がこれまで積み上げてきたイ・スンジェの名誉を大きく傷つけており、厳正な法的対応に乗り出す予定だ」と法的対応を示唆した。

今月、所属事務所が公式の立場を表明

法的対応まで示唆したエスジーウェイエンターテインメントだったが、今月1日に発表された公式の立場では、トーンダウンした様子を見せた。

キム氏の採用経緯と4大保険未加入について

エスジーウェイエンターテインメントは、「キム氏はマネージャーの経験がなかったが、本人のやる気を買って今年3月に採用サイトを通じてイ・スンジェのマネージャーとして採用した」と採用の経緯を説明、「オフィス移転などで多忙な状況下にあり、契約書を作成していなかった。マネージャーの業務時間は、俳優のスケジュールによって不規則に変わるため、フリーランスであると判断し、4大保険に加入しなかった」と釈明した。

キム氏の勤務時間と給与について

給与については、「マネジメント業界の平均水準をもとに、俳優が撮影している間の待機時間などが長く、1日平均9~10時間ほど勤務していた」とし、「マネージャーからの苦情を受け、労働庁が調査を行っている。労働庁が決定する予定で、これによる全ての法律上の責任や道義的非難は受け入れるつもりだ」と明らかにした。

不当解雇について

エスジーウェイエンターテインメントは、キム氏が主張した不当解雇について「正当な理由なしにマネージャーとの契約を解除した事実はない」と否定した。

エスジーウェイエンターテインメントは、「マネージャーの雇用主は所属事務所であり、4大保険の加入有無の問題は所属事務所と話し合わなければならない部分だが、マネージャーは所属事務所ではなく、俳優個人に直接この問題を解決してほしいと何度も強く要求し、契約当事者ではない俳優とその家族を困らせた。所属事務所としては俳優に対する配慮がなく、信頼関係を築けない人とは契約を維持することが難しいと判断した」と主張した。

そして「この点についてもマネージャーの申請により、労働委員会にて不当解雇救済の手続きが行われている。所属事務所は法的手続きに誠実に臨む予定だ」と説明、「所属事務所とマネージャーの契約問題に俳優(イ・スンジェ)は関係がない」と強調した。

使用人のように雑用をさせたのか?

キム氏の雑用をさせられたという主張についてエスジーウェイエンターテインメントは、「イ・スンジェと妻は2人とも80代の高齢だ。特に妻は健康状態が良くなく、常に家族や周りの人々の助けが必要な状況だ」とした上で、「以前のマネージャーは50~60歳ほど年の差のある孫くらいの年齢だった。家から出る時に、ゴミ出しや、修繕を頼んだり、『家に帰る途中でミネラルウォーターのペットボトルを持ってきてほしい』、『撮影場所に連れて行く途中に奥さんを病院で降ろしてほしい』と頼んだりしていた。以前のマネージャーは、高齢で健康状態があまり良くないイ・スンジェの妻を配慮し、むしろ率先してこういったことをしていたため、助けてもらうことにある程度慣れていたという点は事実だ。しかし、『使用人』や『パワハラ』という表現はかなり誇張されている」と釈明した。

元マネージャーのキム氏に謝罪

エスジーウェイエンターテインメントは、「マネージャーがプライベートな空間に出入りするとしても、公私は区別しなければならず、身近に感じられるからといって、相手もそう感じるわけではないということに気づいた」とし、「相手の立場で考え、行動できなかった点を反省しており、これによって傷ついたマネージャーにお詫び申し上げます」と謝罪した。

イ・スンジェも公式に謝罪

5日、イ・スンジェもプレスリリースを通じて公式に今回の騒動について謝罪した。

イ・スンジェは、「元マネージャーに対する待遇について芳しくない疑惑が浮上した点について、これまで私を信じて応援してくださったファンの皆様に深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

そして「同僚の俳優の皆様や、特に俳優を夢見て演技を習っている俳優志望者、学生の皆様のお手本になれなかったことが、あまりにも恥ずかしく、申し訳ございません」と改めて謝罪の意を伝えた。

イ・スンジェは、「自分には徹すべき、他人を尊重しなければならない、という自分自身の原則を忘れた不徳の致すところであったと謙虚に認めます。先日、元マネージャーと電話で話をし、話を十分に聞いて、共感し、謝罪の気持ちを伝えました。元マネージャーがメディアで語ったことは正しく、その方に心より謝罪いたします」と謝罪した。

そして「公私の区別ができなかったことは過ちであり、二度とこのようなことがないようにします。これから入るマネージャーには、試用期間であろうとなかろうと、どんな業務形態であっても、無条件に4大保険に加入させてほしいと所属事務所の代表にもお願いしました」とし、「80年の人生を役者として生きてきた人間として、彼らの苦衷を深く理解できなかったことを、苦痛の中で反省しています」と反省の意を伝えた。




ページ上部へ戻る